月間8万PVで月間収益0円だった...
書評ブログ

書評ブログで稼ぐことはできますか?マネタイズ(収益化)が難しい6つの理由

本
書評ブログを書いていますがなかなか収益化できません>_<

よくあるご質問の1つなので、記事にしてシェアしたいと思います。

私自身が本が大好きで、最初のブログは「書評ブログ」でした。

そして、収益はゼロでした。

10記事くらい書いてすぐに次の6つの理由に気づき、私は書評ブログで稼ぐのをやめました(当時)。

6つの理由
  1. そもそもアクセスが少ない
  2. 差別化がしにくい
  3. ライバルが多すぎる
  4. 情報価値がすぐに劣化する
  5. 検索者は「読んだ人」
  6. 本は売れても数十円
▼このブログと同じWPテーマ▼
JIN

1.そもそもアクセスが少ない

note「個人ブログで月100万PVを超える方法は、全部キュレーションサイトが教えてくれた。」に書きましたが、

アクセスが少ないのはアクセスが少ないところで書いているから

です。

ほとんどの書評ブログはアクセスが少ないところで書いています。

  • 「本のタイトル名」を知っている人自体が少ない
  • そもそも検索する人が少ない

などなど。

自分のブログへのアクセスが少ないと嘆く以前に、そもそもアクセスする分母が少ないところで記事を書いていないでしょうか?

2.差別化がしにくい

同じ本に関する書評について見ていくと、みんな同じように「本のタイトル名」や「著者名」を記事タイトルに入れます。

そこにプラスして、「書評」「感想」「ネタばれ」といった似たようなキーワードを入れるので、検索結果で差別化もできません。

あなたが有名人や有名ブロガーならtwitterで拡散して「○○さんが紹介したからきっといい本だ!」と売れるかもしれません。

でも、そういう人は一握りです。

3.ライバルが多すぎる

2と合わせて考えたいのがライバルの多さです。

同じ本について出版されたらヨーイドンで同じジャンルが好きな人たちがどんどん記事を書いていないでしょうか?

スピード勝負になるのか切り口勝負になるかは分かりませんが、ライバルが多いです。

また、ライバルはブロガーだけではありません。

amazon自体のレビューが充実しているので、ブログを読まなくてもamazonのレビューを見て満足という方も多いと思います。

4.情報価値がすぐに劣化する

Googleトレンドというツールを利用して検索需要を見ると、本は出版された後に需要が大きいことがわかります。

火花

芥川賞を受賞した『火花』も、検索されたのは長い目で見れば一瞬です(「書籍、文学」でフィルターをかけてみました)。

どうしても書評の旬というのは出版された後が大きく、その後だいぶ少なくなる傾向にあります。

検索需要に限って言えば、ブログが提供する情報価値がすぐに劣化するのです。

5.検索者は「読んだ人」

私が1番マネタイズが無理だと思った理由がこれです。

検索する人はかなりの確率で読んだ人です。

例えば自分が小説のタイトルで検索するときはどんなときですか?

私の場合、小説を読み終わった後で、他の人はどんな感想だろうかと探すときがほとんどでした。

まだ読んでいないのに「ネタばれ」に出会ってしまったら台無しですからね。

そうすると、検索されても本を買っている人がやってくるので、そこにamazonのリンクを貼ってもなかなか買ってくれません。

ビジネス書なら、ネタバレしても特に影響がないのでブログの感想を見て判断することもあるかもしれませんが、小説や漫画だとなかなか難しいと考えます。

・・・かといって、おすすめ漫画100選で1万字オーバーとかわけのわからない長文勝負をするのも相当大変です。

6.本は売れても数十円

おすすめ漫画100選で仮に1位をとっても、稼げるのでしょうか?

そもそも漫画自体が売れても1冊あたり数十円です。

全巻セットで数十冊あって多少まとまった収益になるかどうかです。

ふつうのブログなら月に10冊売れてやっと数百円?

月に本が100冊売れても大きなお金になりません。

もともと本の定価が低い上に、利益が薄いです。

だから紹介料として支払われる金額が少ないのはどうしようもありません。

小説やビジネス書が売れても同じでしょう。

まとめ

6つの理由
  1. そもそもアクセスが少ない
  2. 差別化がしにくい
  3. ライバルが多すぎる
  4. 情報価値がすぐに劣化する
  5. 検索者は「読んだ人」
  6. 本は売れても数十円

さて、私が書評ブログを6年間続けていたのは、同じ本を楽しむ仲間がいたからです。

お金を稼ぐためにブログを始めたわけではないので、全く問題なく続けていました。

もしお金のためだけに書評を書くのであればもったいないというのが正直なところです。

 

このブログは自分の好き・得意・趣味で月1万円を稼ぐことを1つの目標にしていますが、私自身は書評ブログでそれを達成できていません。

今からはじめたとしても本を紹介することだけでは無理があります。

稼ぎたければもっと簡単な方法は他にあるのに、「書評ブログで稼げませんか?」と固執すると遠回りになります。

「本を楽しむ」ことと「書評ブログで稼ぐ」ことを無理やり両立しようとしていませんか?

もしそれで苦しんでいるのであれば、書評以外で稼ぐことを考えた方がいいでしょう。

 

・・・そもそも、書評で稼ぐ必要なんてあるんですかね?

書くだけで楽しくないですか?

ちなみに、世の中にはいろいろ書評ブログで稼ぐ方法について考察した記事があるので、ぜひ興味がある方は読んでみてください。

意外とそこから月1万円稼げるかもしれません。

・・・まあ、今の自分なら当時の私と違ってマネタイズするアイデアはありますが、結構大変だし、全員ができることではないので、これ以上は記事にするのはやめておきます。

▼このブログと同じWPテーマ▼
JIN
▼ブログで本気で稼ぎたい方へ▼
ブラックSEO
…数か…戦略か

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です