月収100万円ほしいって本心なの?本当にほしいのは「時間」じゃないの?

なぜ私が自動販売機にこだわっているかというと、自動販売機があれば365日24時間私の代わりに収益を生み出してくれるからです。

生活費を稼ぐための労働は月5日以内と決めていて、今の私には時間があります。

最初に断っておきますが、この記事は「生涯月1万円を目指す趣味ブロガー」に向けた記事ではありません

月収100万円は、本当に自分の目標ですか?

アフィリエイターさんやブロガーさんの中には、「月収100万円」を目標にしている方はいるかもしれませんが、1つだけ確認したいのは月収100万円は本当に自分の目標ですか?ということです。

先日も、たまたまリアルビジネスの相談にのっていたのでシェアします。

営業だけは得意という自営業の女性の方で、既に年間の売上が1,000万円を超えている方でした。

といっても業種的に経費や税金を引くと4割くらいしか残らないと思われます(以下、個人情報なので具体的なところはすべて適当です)。

「でももっと売上を増やしたいんです」といってなぜか相談になってしまったのですが、話を聞いていると唖然(あぜん)としました。

「そもそもいくらほしいんですか?」

と聞くと、

「一応、年間で5,000万円を目標にしています」

と言うので、「ん?」となりました。

少なくとも今の4~5倍くらいの売上が必要です。

そこから私の方からいろいろ提案しても彼女は全く腑(ふ)に落ちません。

「今の稼ぎで5,000万円は可能ですか?」

「無理です」

「じゃあ、行動を変えないと無理ですよね。今やっていることを手放しましょう」

「無理です。生活がかかっているので」

変えたいのか変えたくないのかどっちだ!とそんなやり取りを繰り返しているうちに、ようやく気づきました。

なぜ5,000万円なんですか?

「・・・それは、5,000万円あれば豊かな暮らしができるからです」

「生活するのに5,000万円もいりますか? 個人だと半分くらい税金と社会保険で消えますよ」

「それは・・・子どもといたいからです」

ようやくここで、自分の失敗に完全に気づきました。

「5,000万円は『誰』の目標ですか?」

「うちの業界でそれだけ達成している人はいますし、私もそれくらいできると思っています」

「ちょっと待ってください。お子さんとの時間を増やすのが最優先じゃないですか?」

「・・・」

結論から言えば、5,000万円はその人の目標じゃなかったんです。

自分の腹に落ちていない(=100%納得していない)から、何を言っても伝わらないのです。

「あなたの能力なら、今の年収をキープして生活できる程度して、使う時間を半分にすることを考えた方がいいんじゃないですか?」

「・・・」

具体的な方法については自分で考えてもらおうと、宿題になりました。

「金額」はわかりやすい目標だが、本来の目標ではない。

5,000万円稼ぐのは「わかりやすい目標」ですよ。確かに。

でもね、それはあなたの「本来の目標」ではないでしょう?ってことです。

それと同じでアフィリエイトやブログで月収100万円というのは「わかりやすい目標」ですが、「本来の目標」ではありません。

それどころか、わかりやすいようで実は全然リアルじゃない目標なんですよ。

じゃあ何が本来の目標かといえば、「明るい未来」ですよ。

これについては実は、「ブログ初心者が50記事までに書きたい明るい未来を見せるレビュー記事」で既に書いています。

iPhoneのCMで見せてくれたのは、iPhoneのある明るい未来でした。

iPhoneがあればどんな素敵な生活が待っているのか、それを感じさせてくれるCMでした。

「iPhone」を手に入れることは、「分かりやすい目標」ですね。

でも、手に入れること自体は、「本来の目標」ではありません。

自分はiPhoneを手に入れて何をしたのか?

それこそが本来の目標です。

さっき登場した女性は、「年間5,000万円の売上」をわかりやすい目標にしていました。

でも、本来の目標は、子どもとの時間を増やすことだったのです。

そのためにはお金を稼がないといけないと思っているのに、なぜか「どんどん時間がなくなる仕事」を引き受けているんです。

だって、「金額」が目標なんですから。

年間5,000万円の売上というわかりやすい目標を仮に達成したとしましょう。

どう考えてもそれまでに子どもと過ごす時間を犠牲にするわけですよ。

あれ? なんか違うかも。

いや、大間違いだろ。

その明るい未来に月100万円も必要なの?

誤解されると困るんですが、「月収100万円」を目標にすることの是非を問うているわけではないんですよ。

あなたの明るい未来のために、月100万円も必要なの?と聞いているんですよ。

例えば、会社員で給料で暮らしている人が、アフィリエイトで月収100万円も必要なのですか?

本心は、お小遣いが増えたらいいくらいの気持ちじゃないですか?

このご時世、大企業でも昇給は1年で月6千円台ですよ。中小企業なら月3千円台です。

月1万円増えたらすごくないですか?

私は今までアフィリエイトやブログで稼ぎますと言って消えていった人もたくさん見てきたんですよ。

その人たちにとっては月に100万円手に入れることは、全然リアルな数字じゃなかったんでしょうね。

最初こそ「絶対に月収100万円達成します!!」と鼻息荒くブログやtwitterで宣言した後、数か月後に何気なく見たら更新が止まっていたとか、よくあります。

消息不明です。

一方で、自分の明るい未来がハッキリしていて、その未来を達成するために逆算して、経費や税金・社会保険まで考えたときに月収100万円という数字が出たら、これは本来の目標を達成するために必要な金額です。

超リアルです。

つまり、月収100万円がどうかなんてことはどうでもいいんです。

月収50万円でも足りるかもしれないし、月収200万円では足らないかもしれません。

本来の目標次第ってことですよ。

自分の本来の目標にたどり着いた上での金額でないと、くじけそうになったときにやめてしまう可能性が高くなるということを声を大にして言いたいわけです。

ちなみに、月収100万円でモチベーションマックスの方は、ガンガン進んでください!

そもそもなんでこんな記事を読み始めちゃったんですか。あなたの役に立つことなんて書いてありませんよ(笑)

とりあえず成り上がれ!みたいな人は、初心者でも1か月に300記事書くとか100サイトとか作ればいいわけですから。

私は時間がほしかったから自動販売機を作るしかなかった

もう1つ言えば、あなたの明るい未来のために、アフィリエイトやブログで稼ぐ必要があるの?ってことなんです。

私は朝9時から夜9時まで20代からずっと仕事をしていましたが、それが家庭の事情でやめないといけなくなったときにどんな収入があるかといえば、何もありませんでした。

収入源ゼロです。

住宅ローンは数千万円残っていたので、すぐに貯金はなくなったことでしょう。

たまたま運営していたブログにGoogle AdSenseの広告をのせて、収益が発生したときに私は初めて気づきました。

「これは『自分の時間』を増やす装置だ!!」

それに気づいたときに、私は心の底から震えました。

「いや、ちょっと待てよ。月に必要な生活費が30万円だとすれば、手取り月1万円のお金があれば、1日分の生活費がまかなえる。それはつまり『1日』という自分の時間が浮くってことだろ」

「じゃあ、手取り月10万円のお金があれば、『10日』という自分の時間が浮くわけか」

「待てよ、手取り月30万円のお金があれば・・・あれ? 働く必要がない・・・」

それまで、自分が「朝9時から夜9時まで働いて手にするのがお金」だと思っていました。

「自分の時間」と交換にお金を手に入れていたのです。

その考え方を根本から変える装置が目の前にありました。

私は、それができるのは「不動産投資」だけだと思い込んでいました。

違いました。

私の代わりに自動販売機のように働いてくれるものが存在したのです(ちなみにジュースと同じで賞味期限があるので、記事の補充とかは必要なのでメンテナンスは必要です)。

本当にほしいものが時間だったら、「自分の時間を作るためのビジネス」をやる必要があります。

だから私はブログ(Google AdSense)やアフィリエイトを選んだわけですし、それ以外のビジネスもしています。

「時間以外」にほしいものがある人もいるでしょう。

それを手に入れるために、今やっていることは正しい行動なのかと常に問いかけてください。

だってお金を稼ぐ手段は、ブログやアフィリエイトにもたくさんありますよ。

メルカリで不用品を売ったり転売して稼いだ方が、すぐに目標金額を達成できるかもしれませんよ。

終わりに

・・・あれ、趣味ブロガーさんも最後まで読んじゃったんですか。

最初にターゲットじゃないですよ、と書いたはずなんですが。

そして、もしかして自分もブログで「時間」が作れるんじゃないかと「夢」を見ちゃいましたか(;’∀’)

テーマが「趣味」の場合は、よほど運良く稼げるジャンルとイコールでない限り、「ふつうの人」はGoogle AdSenseで「月1万円~5万円」が限界と見ています。

気づいたらアフィリエイトと合わせて月10万円超えている人も知っていますが、そこまでいく人は「稼げるジャンル」でいいポジションにいます。

・・・でもね。

本気で稼ぎたいなら「趣味ブログ」を書いてる場合じゃないんですよ。

だから私はこのブログで常に問いかけるんです。

「本当に月収100万円も必要なの?」

「趣味のブログでお金を稼ぐ必要があるの?」

誰かが月収100万円を超えているから、誰かがブログで自由に書いていて稼いでいるからというのでは、動機として弱いですよ。

ちなみに、「誰でも簡単にブログで月収100万円稼げるマニュアル」なんて情報商材なんて、買っちゃだめですよ(笑)

次の記事へ>>>自分の好き・得意・趣味を活かしてブログでお金を稼ぐ必要があるの?