「何記事くらい書いたら稼げるようになりますか?」という質問への答え

ブログやアフィリエイトで稼ごうと思っている方の中で、ここに書いてる5つの質問をついついしてしまう場合には、大変残念ながら「稼ぐ」こととは離れていってしまっている可能性があります。

逆に、ここに書いてあることを質問しないで突き進む人は、誰にも止められません。

あくまで個人的な感想です( ˘ω˘ )

※そもそも稼ぎたいならこのブログよりアフィリエイターさんのメルマガの方がいいんじゃないですかね(;’∀’)

こんな質問してない? よくある5つの質問

1.何記事くらい書いたら稼げるようになりますか?

私が教えてほしいです(笑)

30記事で稼ぐ人もいれば100記事、200記事書いても稼げない人がいます。

アフィリエイトなら、

どのくらい作業したら稼げるようになりますか?

でしょうかね。

それは「アルバイト感覚」ですぜ(;’∀’)

テーマ(ジャンル)、文字数、タイミング、書き方、Googleのご機嫌(きげん)などなど、要素が多すぎますね。

どれくらい勉強したら東大に合格しますか?

と言われて答えられないようなものです(東大に合格するよりは時間はかからないとは思いますが)。

偏差値70の人と30の人に向かって同じこと言えないですし。

もしそんな、1時間働いたら1000円がもらえるような文章を書く仕事がよろしければ、きっと「ライター」が向いていると思います。

でも、ライター業も優秀な方たちによる仕事の取り合いになっているので、1時間で1000円にならないかもしれませんね。

間違っても誰も手を出さないからと言って、よくわからないキュレーションサイトのお手伝いをして責任だけ持たされないように注意しましょう。

→「ラ●サーズ」の公式サイトはこちら

※リンクは自分の妄想の中で貼っておいてください(笑)

2.○○さんは□□という意見ですが、どう思いますか?

さあ~( ˘ω˘ )

例えば、東大に合格する勉強法について、

○○ハイスクールの〇〇先生は、朝から勉強しろと言っているんですが、どう思いますか?

と質問されても、「勉強できるときに勉強したらいいんじゃない?」としか答えられません。

同じように、

○○さんはこれからはブロガーも『顔出し』が必須だと言ってますが、どう思いますか?

と質問されても、「好きにしたらいいんじゃないですか?」としか答えられません。

なぜならこれは、『顔出し』するかどうかを実は質問していないのですね。

中身を検討しないで他人に判断を丸投げしているわけです。

それは質問ではありません。

例えば、

ホワイトSEOとブラックSEO、どっちが稼げますか?

というのも、その人との相性はあっても優劣はないので、ホワイトでもブラックでも稼いでいる人はいっぱいいます。

では、「ホワイトSEOの方が稼げますよ」と言ったらホワイトSEOをするのでしょうか?

もし、「ホワイトSEOをやったけど稼げなかった。これは教えてくれた○○が悪い」となってしまうのは・・・おかしいですよね。

でも、こうやって「自分」で判断せずに他人に判断を丸投げしている限り、ずっと人のせいにして結果がついてこないのです。

3.時間がないのでもっと楽な方法はないですか?

だからそんな方法があったら教えてくださいよ~、私に(^O^)/

「時間がない」ことと、「簡単な方法を探す」ことのうち、根本的な問題は「時間がない」ことであり、優先すべきは「時間を作る」ことです。

ブログもアフィリエイトも必ず時間がかかるんです。

外注したって書いてもらった原稿をチェックしたり編集することになります。

勉強だって、勉強する時間を確保しないで

一晩で英単語が丸暗記できる道具とかないですか?

と言ってるようなものです。

ドラえもんの道具みたいなものはないんです。

時間を作ることについては『エッセンシャル思考』という本を読んで実行してください。

関連記事>>>ブログ初心者がまず読むべき本は、「ブログ運営本」ではない!

え? 本を読むひまがない!?

『エッセンシャル思考』は漫画版も出てるから、漫画部分だけでも読んでみてくださいよ(;’∀’)

4.どのテーマ(ジャンル)が稼げますか?

あれ、このブログの他の記事、隅々(すみずみ)まで読みました(;’∀’)?

答え書いてましたよね(↓)。

関連記事>>>なぜあなたのブログは稼げないのか?

5.どうやったら○○できますか?

どうやったら「ブログ」を作れますか?

うん。まずはググろうね。

「ググる」って何ですか?

え? そこから(;’∀’)??

要するに、ググればわかるようなことをググらずに聞くのはいかがなものかな、ということです。

もちろん、ググり方が悪いとかはしかたないと思いますが、ググりもしないでいきなり答えだけ質問するのはお互いの時間のムダです。

そもそも検索結果からブログにやってくる人のために書いているのに、自分が検索しないなんてことがあっていいのでしょうか(;’∀’)

ちなみに、私は5年前に

「『あどせんす』って何ですか? 何かブログに貼るものがあるんですか?」

って、ググらないで聞いてましたからね。。。

どんだけダメダメだったかは、下記の記事に書いてあります。

関連記事>>>月間8万PVで月間収益0円だったある趣味ブロガーの話

「行動した後」の質問は、良い質問

一方、ブログやアフィリエイトで稼ぐ人の質問は、とっても「具体的」です。

100記事書いてアクセスも月3万PVあるんですけど、月1000円しか稼いでないんですよ

→確かにそのブログなら月1万円は軽くありそうですね。そもそもアドセンスはどこにいくつ貼ってるんですか?あー、ここにも貼ったら増えるかも(^◇^)

私、ブロガーも『顔出し』が必須だと思って今までやってきたんですが、別に顔出ししてもあんまり変わらないどころかちょっと怖くなってきたんですが、どう思いますか?

→無理に顔出ししなくてもイラストとかでもいいんじゃないですか(^◇^)

なんとか時間作って記事書いてるんですが、記事を書くときにどうしても迷って4時間も5時間もかかるんですよ。何か記事を書くために楽になる方法とかないですか?

→「ブログが簡単に書ける「記事の書き方テンプレート」」があるから、一度使ってみたらどうでしょう(^◇^)

自分でいろいろ考えたところ、毎月20冊の4コマ漫画雑誌を読んでいるので、4コマ漫画ネタでトレンドアフィリエイトをするのはどう思いますか?

→なるほど、漫画だから意外といけるかもしれませんね(^◇^) 著作権は気をつけてやってみたらいいんじゃないですか。

○○についてググって実際にやってみたんですが、どうしてもこの画面で止まってしまうのですが、他でも答えはないんですが、どうしてでしょう?

→なるほど、ここはこれをチェックすればOKですね(^◇^)

・・・みたいな感じですね。

行動すれば、成功しているか失敗しているかどうかはともかく、大きいか小さいかにかかわらず、何らかの結果が出ています。

行動して結果が出た上で質問をするので超具体的なのですね。

「行動する前」から、あれはどうですか、これはどうですか、と聞いても、あいまいな答えしか返せない場合が多いのです。

せめて自分で調べる、考える、行動するといった過程がないと、たとえ答えが正解だったとしても、受け入れる準備が本人にないのですね。

※ただし、本名や生年月日といった「個人情報(顔出しも)」を出すように、一度やると元に戻しにくいものについては、行動前だとしても、慎重に検討してくださいね。他にもあると思います。

終わりに

なんか「あれ、自分のこと言われてるのかな(´;ω;`)」と涙目になってしまった人もいるかもしれませんが、サロンとかコンサルの運営者にくる質問って、こんな質問ばかりですよ。

それをさばくのって、本当に大変です。

だから、質問する側の「質」を高めておかないと、絶対に破たんします。

私はこの記事を書くことで、質を高めました。

「育てる」ってことを甘くみたらいけないんです。

特に「稼がせる」のはエネルギーがいります。

そして、これはちゃんと書かないといけないのですが、サロンやコンサルをしている方の中には、本当に親身になって育てようという気持ちでやっている人もいます。

そういう人に巡り合えたら本当にラッキーですね。

どんどんついて行ってください( ´ ▽ ` )ノ

ちなみに私は物理的に無理なので、やりません。ごめんね(>_<)

このブログに書けるだけ書きます。

次の記事へ>>>私がブログコンサルやサロンをやらないのは自動販売機ではないから

※ちなみにCaptain Jackさん(@CaptainJacksan)の「ファンクラブ(交流を主目的としたエンターテイメントサロン)」という発想は、個人的にはアリだと思っています。私もファンクラブなら作ろうかしら(笑)

※web軍師さん(@webgunshi48)の次の記事でも「ブログで稼ぎたいです。私は稼げるようになるでしょうか?」もぜひお読みください。

参考 ネットニュースラボ

月間収入100万円超えブロガーが初心者質問にひたすら答えてみる