ブログ初心者が20記事を書くまでに「やらなくていい」こと3つ!

ブログ初心者が最初の10記事を書くときに守るべき3つのこと!」という記事では、まずブログ初心者が「10記事」を書くために守ってほしい次の3つについて書きました。

  1. 最初から完璧を目指すな!
  2. 記事タイトルに2つのキーワードを含めろ!
  3. 見出しにも1つのキーワードを含めろ!

まだ読んでいない方は、「ブログ初心者が最初の10記事を書くときに守るべき3つのこと!」を読んでくださいね。

10記事書いた方、おめでとうございます!

(^○^)お!(^□^)め!(^◇^)で!(^▽^)と!(^☆^)う!

10日で書いた人もいれば、1か月や2か月かかった人もいるでしょう。

OKです。

だって、今まで書いたことなかったんですから。

素直に自分で自分をほめましょう。

ほめましたか?

さあ次は、「20記事」を目指しましょう(スパルタ(笑))。

10記事書けたんだから、もう1回10記事書いてみましょう。

ちなみに20記事目指すときも、上記の3つのことは必ず守ってくださいね。

さて、20記事を目指すときのポイントとして、逆に、やらなくていいことを3つご紹介します。

  1. アクセス解析は見るな!
  2. デザインなんて気にするな!
  3. twitterは気にするな!

「やる」ことを明確にするためには、「やらないこと」を決めるのがとっても大事です。

つまり、とにかく20記事まで書こうねってことです。

1.アクセス解析は見るな!

Google Analyticsを導入するのはOKです。

後で分析するときに貴重なデータになります。導入はしておきましょう。

「Google Analytics 導入」とか「Google Analytics 導入 プラグイン」とかで検索すると解説記事が出てくると思います(テーマによって特定のプラグインを禁止している場合もあるので、具体的なページは紹介しません)。

でも、記事が10記事程度では、ハッキリ言ってアクセス解析は見ても

ああ、今日も5PVか・・・(;´Д`)

みたいな感じでモチベーションが下がります

しかも1日に何回も何回も気になって見るようであれば、Google Analyticsは放置しておきましょう。

見なくても、情報収集は勝手にしてくれます(ちゃんと導入されたかどうかだけは、確認しましょうね!)。

その時間は、少しでもブログを書くことに使ってください。

2.デザインなんて気にするな!

Word Pressなら最初にテーマを決めていると思いますが、他のブロガーさんが

ストーク(stork)おすすめです!

とか

Simplicity(シンプリシティ)、無料なのにヤベー

とか言っていると、気になってきますよね。

自分も同じのにしようかな、とか他の人の声を集めようとします。

気にしなくていいからね。

もちろん、後から変えると面倒かもしれないけど、まだ10~20記事でデザインのことを気にしている場合じゃないよ。

とりあえず、最初に選んだテーマで突き進もうか。

  • でも、トップページが・・・
  • でも、吹き出しが・・・
  • でも、行間が・・・
  • でも、リンクの色が・・・

いや、気になるのはわかりますよ。

私なんて、ブログをはじめた瞬間からデザインのカスタマイズやりたくなっちゃいますからね(笑)

でも、テーマを変えたり、テーマ自体のカスタマイズをしても、ブログ記事が増えていくうちに、実はブログのイメージが固まっていって、結局、あとでデザインを変更することが多かったです。

つまり、ブログのデザインは記事の内容で決まるところがあるので、とにかく先に記事を増やすことに専念する必要があるのです。

3.twitterは気にするな!

このブログは、twitterからたくさんの方に来ていただいているのであえて書きます。

プロブロガーやアフィリエイターを含むブログでお金を稼いでいる人、ページビューが凄い人、フォロワー数がすごい人のことなんて、気にしないでください。

自分よりすごい人が言っていることだからきっとそうだろうと思っても、それは

  • 「初心者」から「神様レベル」までいろんな人がつぶやいている
  • 「ブログ論」と「サイト論」が区別されていない
  • 「アドセンスの戦略」と「アフィリエイトの戦略」が区別されてない

などなどの理由から、ブログ初心者が求めている情報を選ぶのは困難だからです。

こういうのは、いろいろ経験していく中で、ようやく「答え合わせ」ができるのです。

たとえそのつぶやきが「本当の答え」だとしても、それが本当に「あなたにも再現できる答え」なのかどうかは、やってみないとわからないのです。

別に見たらいけないというわけではありません。

SNSで読みに来てもらうためにも1日1回くらいは見たいですよね。

関連記事

ブログ初心者が読者を集める5つの方法のメリットとデメリット

でも、1日に何回も何回も気になって見てしまって、ブログが書けないのであれば、まずは20記事書くまでtwitterをする時間を決めてみるのもいいかもしれません。

そもそもブログを書くには時間が必要ですから。

例:twitterは夜20時から20分だけ

子どもがドラクエばかりやって夏休みの宿題やってなかったらなんて言いますか?

「ゲームは1日30分まで!」

まあ、そんな感じです(ドラクエで1日30分はだいぶキツイな(;´Д`))。

最後に

20記事を目指すときのポイントとして、やらなくていいことを3つご紹介しました。

  1. アクセス解析は見るな!
  2. デザインなんて気にするな!
  3. twitterは気にするな!

繰り返しになりますが、その時間を使って「記事を書く」ことを、決めてください。

ちなみに、20記事まで書いたけど、読者も少ないし、フォロワー数も少ないし・・・と思っているかもしれませんが、本当にそうでしょうか?

ブログもtwitterも大事なのは、PV数とかフォロワー数とかではなく、「1人1人に本当に届いているのか?」です。

ハッキリ言って、「数」なんていくらでも水増しできますよ。

フォロワー数が10人だから少ない?

じゃあ、その中の1人のためにつぶやけばいいじゃないですか。

その中の1人のために記事を書いたらいいじゃないですか。

ネットだから勘違いしやすいんですが、ブログやtwitterの向こうにいるのは「人」ですよ。

自分がされて嬉しいことを、相手にしてみたら?

その1人にも届けることができないのに、一体、何万人に届けるつもり?

さあ、20記事書いたら次は30記事(レベル30)ですよ。

次の記事へ>>>>ブログ初心者は30記事書くために、1番目の記事で成長を感じろ!