ブログ初心者は30記事書くために、1番目の記事で成長を感じろ!

ブログ初心者が20記事を書くまでに「やらなくていい」こと3つ!」という記事では、まずブログ初心者が「20記事」を書くまでにやらなくていい次の3つについて書きました。

  1. アクセス解析は見るな!
  2. デザインなんて気にするな!
  3. twitterは気にするな!

あれやれ、これやれは多いですが、むしろやらないことをしっかり決めることが重要です。

まだ読んでいない方は、「ブログ初心者が20記事を書くまでに「やらなくていい」こと3つ!」を読んでくださいね。

誘惑に負けずに20記事まで書いた方、おめでとうございます!

(^○^)お!(^□^)め!(^◇^)で!(^▽^)と!(^☆^)う!

いいですか。

心のどこかで

たった20記事なのにそんな大げさな・・・

とか思っていませんか。

いやいや、100人いたら「35人」くらいは20記事を書けずにやめてますよ(クロネさん調べ)。

ブログを書くのって、鉄棒からぶら下がるだけのゲームみたいなものだから、とにかく続いたもの勝ちなんです。

素直に自分で自分をほめましょう。

ほめましたか?

さあ次は、「30記事」を目指しましょう!

・・・と言いたいところですが、少し立ち止まります。

ここで、自分が1番目に書いた記事に戻りましょう。

1番目と20番目の記事は、レベルが違う。

なぜ1番目の記事に戻るか、それは、「自分が成長したことを確認するため」です。

どうですか?

自分が1番目に書いた記事を読んでみてください。

「ひどく」ないですか?(笑)

  • うわぁ、もう、日記じゃんこれ~
  • 5行で終わりかよ!
  • これ、一体誰に向けて書いてるんだ?
  • なんかカッコいいこと言おうとして、すっごいすべってる(汗)
  • 役に立つ話かと思ったら、肝心なことが書いてない・・・。
  • 専門用語が多すぎて、ふつうの人にはわからない!

あ、これ全部、私が昔書いたブログの最初の方の記事の話ね(笑)

20記事書いた時点で1記事目に戻ると、それはもうツッコミどころ満載(まんさい)ですよ。

でもそれは、「自分が成長したから」気づけるのです。

記事自体は何も変わっていません。

自分が「レベルアップ」したのです。

RPG(ロール・プレイング・ゲーム)で、最初は「レベル1」でスライムと戦っていたのが、記事を20個書くことによって、「レベル20」になったわけですよ(ここは1記事書いたらレベルが1つ上がったくらいのインフレでいきましょう!)。

ポケモンで、1番道路の草むらでキャタピーやコラッタに何度も何度も「体当たり」してたのが、いつの間にかレベルアップして最初にもらうポケモンなんか、レベル17あたりで1回進化してるわけですよ。

そしたら、もうスライムもキャタピーやコラッタも、今なら1撃で倒せますよね(なんの話だ?)。

1つ目の記事から簡単に書き直す。

おっと、1撃で倒すというのは意味不明でしたね。

とにかく「気になる部分」が出てくると思うので、その部分を自分なりに「簡単に」書き直してください。

そして同時に、今まで書いた記事の価値を高め次の30記事に向かっていくための3つポイントをここでお伝えします。

この3つのポイントにしたがって、1記事目から20記事目まで、「簡単に」書き直してみてください。

新しい記事を書くのと並行しながらでOKです。

  • 1~2記事目を簡単に書き直す
  • 新しい21記事目を書く
  • 3記事目を簡単に書き直す
  • 新しい22記事目と23記事目を書く(以下省略)

こんな感じです。

「簡単に」とわざわざ言っているのは、時間をかけてあれもこれもと全部書き直していると、「やってられるかー!」となるからです。

(1)記事タイトルと見出しのチェック!

ブログ初心者が最初の10記事を書くときに守るべき3つのこと!」で書いたように、記事タイトルと見出しのキーワードが重要だと書きました。

  • 記事タイトル:キーワードを2つ入れる
  • 見出し:キーワードを1つ入れる

たぶん、1記事目から改めて見てみると、「これのどこがキーワードなんだ(笑)」と自分で笑ってしまうと思いますが、そんなものです。

逆にキーワードを意識しすぎて不自然な日本語になっているかもしれないので、今まで書いた記事の価値を高めるために、書き直してしまいましょう。

かなりのアクセスがある記事だと、記事タイトルを変えるというのは検索順位に変動があるのでリスクが大きいのですが、そもそもまだ20記事くらいの状態では大きな影響がないので、記事タイトルを変えていきます。

といっても、簡単でいいですからね。

キーワード関連のツールとか、この段階ではいりませんからね。

(2)記事と記事の間にリンクを貼ろう!

例えば、「1つ目に書いた記事」と「7つ目に書いた記事」が関連する場合には、「1つ目の記事」から「7つ目の記事」へ、あるいはその逆に「7つ目の記事」から「1つ目の記事」へリンクを貼りましょう。

もし、お互いに行き来した方が読者のためになると思ったら、それぞれの記事にリンクを貼りましょう。

すべて、読者のためにやるのです。

カテゴリーを設定している場合は、ブログによっては関連記事として自動的に記事下に表示されるかもしれませんが、手作業でリンクを貼りましょう。

このブログ内部のリンクを「内部リンク」と呼びます。

ふつうのブログの形式では、「時系列順」に「たて」にどんどん新しい記事が並びます。

その結果、「過去の記事」がどんどん埋もれます。

今まで書いた記事の価値を高めるには、記事の中で関連する他の記事への橋渡しをすることで、過去に書いた記事も読んでもらうのです。

また、検索エンジンからやってくる人にとって、すべての記事が入口です。

記事の中に内部リンクを貼ることで、「2つ目の記事」を読んでもらうのです。

1つだけ、リンクを貼るときの注意点があります。

【ダメな例】

まだ10記事書いていない人は、「この記事」をお読みください。

決して、リンクを貼るときには「これ」とか「この記事」という表現は使わないでください。

【良い例】

まだ10記事書いていない人は、「ブログ初心者が最初の10記事を書くときに守るべき3つのこと!」をお読みください。

このように、必ず言葉でわかるようにリンクを貼ってください。

なぜなら、あなたが思っている以上に、読者は記事を読んでいません

逆に自分のことを考えてみれば、すぐにわかりますよね。

スマホでざっと流し読みしてませんか?

そうすると、「これ」とか「この記事」と出てきても、何のことを言っているかわからないので、クリック(タップ)しない可能性が高くなるのです。

せっかく2つ目の記事を読んでもらえるチャンスなのに、もったいないですね。

前後の文脈を読まないとわからないものは、ダメです。

なお、もっと詳しい内部リンクの張り方については次の記事で詳しく書いているので、ぜひお読みください。

関連記事>>>読者に喜ばれる「内部リンク」を張るための12のチェックポイント

(3)「不足」しているネタを見つけよう!

そして3つ目が、次の30記事に向かっていくためのポイントです。

30記事に向かうにつれて、「ネタ」がなくなってやめる人がいます。

もともとそんなに文章を書いていない人ほど、ネタがなくて手が止まってしまいます。

しかし、1つ目の記事から見直していく間に、「この記事ではもう少し〇〇について説明した方がいいな」と思うこともあるでしょう。

その時に、

  1. 記事自体を充実させる
  2. 新しい記事を書く

の2つの選択肢があります。

記事自体の文字数が少なければ、充実させても良いですが、できれば、「新しい記事」を書いてみましょう。

今は文字数が少なくても、あとで増やすことは可能なので、気にせず「新しい記事のネタ見っけ!」という感じで、過去の記事を見直しましょう。

そして、新しい記事を書いたら、既にある記事との間に内部リンクを貼ります(これ、習慣にしましょうね)。

まだ余裕がある方は、次の記事でも過去記事の修正方法が書かれているので、参考にしてみてください。

参考 Naifix

ブログの過去記事を修正する16のポイントと検索順位向上の実例

終わりに

30記事への道のりは、いかがでしょうか。

この段階で、Google AdSenseも申請するといいかもしれませんね(現在は審査が厳しいらしいので、通らなくても何度もトライです!)。

次の3つについては、今後記事を書くときにあなたの強力なスキルになります。

  1. 記事タイトルと見出しのチェック!
  2. 記事と記事の間にリンクを貼ろう!
  3. 「不足」しているネタを見つけよう!

多くのブロガーさんに共通していることは、過去の記事を放置している点です。

しかし、「ブログ初心者が最初の10記事を書くときに守るべき3つのこと!」で書いたように、「1発で完璧な記事」を書く必要はありません

だからこそ、ときどき過去の記事にさかのぼって、見直したり、内部リンクを貼ったりして、価値を高めていきます。

また、過去の記事から不足しているネタを見つけることで、次の「新しい記事」を書くのです。

今はあんまり大したことないと思うかもしれませんが、少しずつレベルアップして、今後も同じこと書きますからね。

さあ、30記事まで書いてレベル30になったら、次は40記事(レベル40)を目指すぞ!

次の記事へ>>>>ブログ初心者が40記事を書くための「戦略的な記事ネタ」の探し方