ブログ初心者が最初の10記事を書くときに守るべき3つのこと!

「3か月100記事書こう!」

私がブログをはじめた2003年(平成15年)は、そんなノウハウはなかった(というか、ブログサービスがやっと始まったくらい)なので、1年で100記事も書いていません(笑)

でも、今は当時と違ってブログがあふれてしまったので、毎日1記事ずつ書いていけば、その中からプチバズ(いきなりアクセスが増えた記事)が起こったり、継続することで読んでくれる人があらわれるので、精神論のようですが、正しい方法の1つです。

・・・そして同時に、多くの人が「3か月100記事なんて無理!」といってあきらめたのも見てきました。

だからまずは、「10記事」を目指してください

ただし、闇雲(やみくも)に10記事を書くのではなくて、最低限、3つのことだけは守ってください。

  1. 最初から完璧を目指すな!
  2. 記事タイトルに2つのキーワードを含めろ!
  3. 見出しにも1つのキーワードを含めろ!

1.最初から完璧を目指すな!

「ブログに関する情報(ブログ論)」が多すぎます!!

そして私もそこにブログ論をどんどん書いてるので、関係各所の皆様、ほんとごめんなさいm(_ _)m

さらにアフィリエイターによる「アフィリエイトの情報」も混ざっています。

ブログ初心者は、「質の高い記事を書け」とか「文字数は最低でも2000文字」とか、そんなことは一切無視してください。

そんなことを考えている暇があったら、まずは「10記事」書いてください

「100記事」じゃありませんよ。

「10記事」です。

そもそも「質の高い記事」というのは、誰が決めることですか?

それは「読者」です。

ブログ初心者がいきなり質の高い記事が書けるわけもないのに、そこで「あれもこれもしないといけない!」と止まっている場合ではありません。

Googleに評価されるために文字数は最低でも2000文字は必要って、どこで聞いてきたんですか。

そりゃ、1年以上やってる人はそれでいいかもしれませんが、1000文字でも検索上位になる記事もあれば、1万字書いても検索上位にならない記事もあるわけです。

実際に記事で書いて確かめながらみんな、前に進んでるのですよ。

そういうことは、ブログ初心者が気にする必要はありません。

なお、最低限、ブログ初心者がおさえてほしいことだけまとめたので、さらっと読んでみてください。特に「パーマリンク設定(URLの記述方法)」だけは確認してくださいね。

関連記事>>>ブログ初心者のよくある質問とその回答

ここで、10記事書くにあたって大事なことを書きます。

私が最初に書いた記事は10行もありませんでした(200文字くらい?)。

でも、あとから振り返ってどんどん「書き足して」いきました。

ブログは、「1発で完璧な記事」を書く必要はありません

そんなの無理!

今の私(クロネさん)でも無理!

別の記事で、「30記事くらい書いたら、もう一度最初の記事に戻れ」という話を書きます。

パズルのピースが埋まるように、記事を書けば書くほど記事の完成度は増していきます。

でも完璧な記事なんてそもそもありません。

だから今は、今の自分が書けるものを、しっかり書いてください。

記事の書き方で困ったら、次の記事を読んでみてください。

関連記事>>>ブログが簡単に書ける「記事の書き方テンプレート」

関連記事>>>書き込むだけで「役に立つブログ記事」が発見できるシート

2.記事タイトルに2つのキーワードを含めろ!

「最初から完璧を目指すな!」と言っても、自分の貴重な時間を削ってブログを書くので、あんまりムダになることはしたくないという方も多いでしょう。

よくわかります(笑)

だからテクニックを2つお伝えしましょう。

1つ目が、「記事タイトル」に「2つのキーワード」を含めるということです。

理由は3つあります。

  1. 記事の内容がしぼられる。
  2. 記事タイトルで記事を読みたくさせる。
  3. 検索エンジンで検索されやすくなる。

(1)記事の内容がしぼられる。

まず、自分が書きたい記事で絶対に出てくるキーワードを「2つ」イメージしてみてください。

例えば、自分の好きな「映画」について書こうと思っても、キーワードが1つだけだと他の記事と同じでただの映画の感想になります。

でも、「映画名」+「伝えたいこと」のようにキーワードを「2つ」設定することで、これから書く記事の内容がしぼられます

映画の感想を書くにしても、記事タイトルの中にキーワードを入れることでよりその映画について伝えたいことは何だったのかが明確になります。

つまり、「しぼる」ことによって、読む人に何を伝えたいかも自然としぼられるわけですね。

「iPhone」について書くにしても「iPhone」+「アプリ」とかみたいにしぼるだけで、ぐっと中身が理解できますね。

ブログ初心者でも記事がブレにくくなります。

・・・といっても、最初のうちからいきなりキーワードを2つも分からない!という方の方が多いと思います。

この場合は、いったん記事タイトルは仮(空欄でもOK)にして、記事を書いてから記事の中からキーワードを2つ見つけてください

そして、その2つのキーワードに合った記事になっているか、「なんとなく」読み直してみてください。30記事くらい書いて戻ってきて初めて気づくこともあるので、この段階では「なんとなく」ですよ。

最初から完璧な記事タイトルを決めてから書く必要なんてありませんが、「キーワード」を含めようとする意識がとても大事です。

なお、1つのキーワードでかなりしぼられているものであれば、2つ無理して入れる必要はありません。

(2)記事タイトルで記事を読みたくさせる。

「P助の1日がすごかった件」

という記事タイトルを見て、記事を読みたくなりますか?

「P助(そもそも人?イヌ?ネコ?)」について「起こった出来事について書いてる(?)」だと思いますが、わけがわかりません。

さらに言えば、twitterなどのSNSやブログランキングでこのタイトルが表示されたとき、果たしてクリックしてくれるでしょうか?

・・・私なら、スルーします(ごめんね)。

しかし2つのキーワードを入れることで、記事タイトルを見ただけで内容が想像できます。

「初心者のためのカレーライスの作り方」

キーワードは「初心者」と「カレーライス」。

自分の記事タイトルを読んで、内容が「なんとなく」想像できますか?

(3)検索エンジンで検索されやすくなる。

最後に、キーワードを2つ入れることによって、検索エンジンで検索されやすくなります。

既に書いた記事があったら、その記事にどのようなキーワードで検索してたどり着くかを考えてみてください。

「P助の1日がすごかった件」

検索キーワードは?

「P助」で検索する人、います( ;´Д`)?

「姑との戦い2日目」

というように、SNS受け、あるいはブログランキング受けする記事タイトルを書く人は、検索エンジンで検索するキーワードが絶望的になかったりする(「姑」と「戦い」が検索キーワード?)ので、キーワードを入れましょう。

関連記事>>>ブログ初心者が読者を集める5つの方法のメリットとデメリット

記事タイトルは、検索エンジンが1番大好きな部分です(ごちそう)。

そこにキーワードがないということは、検索エンジンもスルーしてしまいます。

 

3.見出しにも1つのキーワードを含めよう!

見出しとは、「<h2></h2>」や「<h3></h3>」のタグでくくられる部分であり、あなたもこのブログで何度も繰り返し見ていると思います。

下記はこの記事の「<h2></h2>」による見出しの部分です。

ちなみに「<h1></h1>」でくくられる部分は「記事タイトル」なので、本文中では使いません。

ブログ初心者は、まず、「<h2></h2>」でくくられる見出しを1つの記事の中に最低2つ入れてみてください

最初から最後までずっと文章が続いているだけだと、記事が長くなるにつれて読みにくくなります。

別に200文字書いて1つ見出しを入れてもOKです。

そして、その見出しにキーワードを1つ入れてみてください。

見出しは、それから続く文章の「要約」でもあります。

要約する力はまだまだこれからつける必要がありますが、1番簡単な方法は、その見出しから次の見出しの間にある文章をあらわす「キーワード」を1つ入れることです。

これまた、文章を書いてから見出しで使えるキーワードを文章中から探してOKです。

記事の書き方については、次の記事で解説しているので参考にしてみてくださいね。

関連記事>>>ブログが簡単に書ける「記事の書き方テンプレート」

関連記事>>>書き込むだけで「役に立つブログ記事」が発見できるシート

タイトルと見出しの重要性について、次の記事では「人に読まれない最大の原因はタイトルと見出し」とまで書かれていて、同感です。

参考 ホームページを作る人のネタ帳

タイトルと見出しを何とかすればブログには人が来るようになってるので、人が来ないなら変えてみようか

最後に

最初の10記事を書くために、最低限守ってほしい3つのことを書きました。

  1. 最初から完璧を目指すな!
  2. 記事タイトルに2つのキーワードを含めろ!
  3. 見出しにも1つのキーワードを含めろ!

大事なのは完璧主義にならないことです。

たくさんのブログ論に溺(おぼ)れないようにしてください。

なお、最初の10記事で何を書こうと思っている方は、「過去の自分」に対して書いてみるのも1つのです。

関連記事>>>ただの日記ではなくブログ記事で「過去の自分」を救え!

そして、10記事書いたら次は20記事(レベル20)を目指しましょう!

次の記事へ>>>>ブログ初心者が20記事を書くまでに「やらなくていい」こと3つ!