ブログ初心者が80記事までに知りたい「稼いでいる記事」の見つけ方

ブログ初心者が70記事までに資産記事に改善すべきリライト戦略」という記事では、消耗記事を「資産記事」に変える方法を提案しました。

まだ読んでいない方は、「ブログ初心者が70記事までに資産記事に改善すべきリライト戦略」を読んでくださいね。

さあ70記事まで書いた方、おめでとうございます!

(*^ー^)/゚・:*:・。おめでとう。・:*:・゚\(^ー^*)

このシリーズも残り3回ですね。

確認ですが、後半戦は目的が前半戦と違います。

【前半戦】

50記事まで⇒とにかく1つでも多く記事を書く

【後半戦】

100記事まで⇒ブログ全体で記事を活かす

さて、第2弾では「Google Anlytics」で「PV数が多い記事」を抽出してブログ全体の底上げをしましたが、第3弾は「Google AdSenseで稼いでいる記事」を抽出してブログ全体の底上げを図っていきます。

※記事のジャンルやPV数によって、稼げるかどうかは変わってくるので、この分析結果が「スゲー」という人もいれば、「さっぱり」という人もいるかと思いますので、まあ、それはそれということで、とりあえず方法だけお伝えします。

関連

なぜあなたのブログは稼げないのか?

1.Google AdSenseで「稼いでいる記事」はどれ?

どの記事が稼いでいるかを知るためには、「Google Analytics」と「Google AdSense」を連携する必要があります。

具体的な連携方法については、Word Pressの無料テーマ「Simplicity」を配布されていることで有名なわいひらさんの下記の記事を参考にしてみてくださいm(_ _)m

参考:寝ログ

Googleアドセンスとアナリティクスを連携する方法。収益分析などに。

※レポートにデータが表示されるようになるまでには、少なくとも24時間かかるみたいです。

連携ができたら、Google Analyticsの「行動>サイト運営者>サイト運営者のページ」をクリックして、右にある「サイト運営者の収益」をクリックすると、Google AdSenseで稼いでいる記事の順番に並びます。

スマホだと画像の様子が分からないと思いますが、左に「記事URL」が並んで、「サイト運営者の収益」にGoogle AdSenseの収益がドル($)ベースで並んでいます。

面白いのは、ページビュー数が多い順には必ずしもならない点ですね。

そして、この上位10記事を現時点での「選抜メンバー(選抜記事)」とします。

選抜記事の「記事URL」をメモ帳にコピペするなどして覚えておいてください(トップページを含む)。

もしわかりづらかったら他にも方法を紹介している方がいるので、下記の記事も参考にしてみてください。

参考

Life is colourful.|【アドセンス収益分析】どのブログ記事がいくら稼いでいるかを簡単に調べる方法-アナリティクスとアドセンスの連携

ザサイベース|Google Adsense どのページが何クリックされて、幾ら収益が発生したか確認する方法

2.「検索流入キーワード」を発掘せよ!

続いて、Google Search Consoleで検索エンジンからその記事にたどりついた「検索流入キーワード」を発掘していきます。

「検索トラフィック>検索アナリティクス」を開きます。

「クリック数」、「表示回数」、「CTR」、「掲載順位」にすべてチェックを入れます。

ここまでは、Google Search Consoleでよく見られている画面の1つです。

しかし、「すべての記事」に対する検索流入キーワードが表示されていてバラバラです。

Google AdSenseで稼いでいる「選抜メンバー」ごとに見たいので、「ページ」をクリックします。

上から順番に「記事URL」が出てくるので、「選抜メンバー」の記事URLを1つだけクリックます。

ただのグラフが出てくるので、再び「クエリ」をクリックします。

これでようやく、「選抜記事」に対する「検索流入キーワード」の一覧が出てきました。

【注意】

記事数が少なかったり、検索されるほどブログが育っていない場合はあんまりデータが取れていません。その場合は、今回の方法はあまり役に立たないので、ツールによる分析よりもブログを育てることを優先しましょう。

3.「検索流入キーワード」を活用しよう!

ここからは、私が実際にやっていることを書いています。あんまり他の人がやっているのをブログなどで見たことがないので、自分だけうまくいったものもあるかもしれません。しかし、内容的にはふつうのことだけ書いているので、これらをヒントに試行錯誤してみてください。

(1)「記事タイトル」のキーワード変更

ハッキリ言って、あんまりやらない方がいいです(笑)

せっかく上位にある記事が記事タイトルを変更することで、順位が落ちる可能性があるからです。

ただ、私は検索流入キーワードを見て、記事タイトルを変えて検索上位になりそうなものがあれば、チャレンジしています。

(2)「見出し」への検索流入キーワードの活用

見出しも私はよく変えてます(笑)

記事タイトルだけでなく、見出しも検索エンジンは重要視しているので、見出しのキーワードを検索流入キーワードに変えることで検索結果が向上することがあるからです(下がる可能性ももちろんあります)。

見出しがない記事の場合は検索流入キーワードを見出しにするなど、試行錯誤してみてください。

(3)「検索流入キーワード」でライバル調査

各キーワードの隣にある「マーク」をクリックすると、Googleの検索結果に飛びます(便利)。

そして、上位10記事(自分の記事が含まれている場合はそれ以外)の1つ1つの記事=ライバル記事を調査します。

例えば、自分の記事にはなかった点が他の記事にあったり、ほとんど同じ構成だけど、具体例があって分かりやすいなど、ライバル記事と自分の記事を比較して、ライバル記事を乗り越えられるように加筆修正してます(パクリはダメです)。

(4)隣接キーワードで「関連記事」を書く。

「検索流入キーワード」を見ていると、自分が書いた記事が「ドンピシャの答えになっていない」場合があります。

それはつまり、検索流入はしたけど、残念ながら思った記事ではなかったわけでミスマッチが起こっています。

でも、検索する人がいたわけですから、「需要がある」と予想できます。

私の場合、その検索流入キーワードで検索して他のライバル記事などを研究して、「ドンピシャの答え」になる関連記事を別に書いています。

ちなみに、全然狙ってもいないキーワードの場合は、ライバルが弱すぎるかライバル不在の「がら空き」の可能性があります。ネタとして記事にする価値がありそうであれば、ぜひ書きましょう。

【応用編】「GRC」でキーワードの順位変動を見守る。

検索順位チェックツールGRC」というツール(Windows対応)があります。20キーワードまでは無料で使えます。

この検索語に、先ほどGoogle Search Consoleで見つけた検索流入キーワードのうち、自分が検索順位をこれから「上げたい」ものを厳選して入力します。

その後の変動状況がグラフなどでわかります。記事の見直しをしたら順位がどう変わるかを追いかけています。

ブロガーの場合は、いきなり有料で購入する必要はないと思うので、「無料」の範囲内でツールを使ってみてはいかがでしょうか。20キーワード登録してみて、変動する順位を見るのも楽しかったりします。

終わりに

今回は「Google Analytics」、「Google AdSense」、「Google Search Console」、「GRC」と4つのツールが登場しましたが、あんまりツールを使いすぎると、手段と目的が変わってしまい、ツールを使うことに精一杯になってしまうので、最初のうちはツールは役割をしぼって使うくらいがちょうどいいのかな、と思います。

特に初心者ほど「データがない」のにツールでああでもない、こうでもないとするわけですが、母数(データ)が少ない状態で手を打つのは難しいです。

一方で、上級者ほど、「たくさんのデータ」をシンプルにムダなく分析して、次の一手を打ちます。

もっと違う方法もあるかもしれませんが、とりあえず、誰でも無料でできる簡単な方法だけご紹介しました。

さあ、次は90記事(レベル90)。この講座も終わりのときが近づいてきましたね。

次の記事へ>>>ブログ初心者が90記事で始める趣味ブロガーのアフィリエイト戦略