複数のブログテーマ、活かせてますか?回遊性を高めるテーマ選び

雑記ブログと専門特化ブログどっちがいい?中間の「雑誌ブログ」を目指せ!」という記事の中で趣味ブロガーに相性がいいと思われる「雑誌ブログ」という新しい考え方をご紹介しました。

ブログのテーマを3~5個くらいにしぼって、ブログを運営してきます。

雑記ブログほどなんでもありではありませんが、かといって、専門特化ブログのようにテーマを1つにしぼるわけでもありません。

これにより、「運営しやすさ」と「稼ぎやすさ」を両立します。

ブログ運営方針

今回は、この「テーマを3~5個にしぼって」という点に焦点を当てて、説明したいと思います。

※Word Pressの「テーマ」のことではありません。

どんなテーマが良いのか?

・・・正直、「どんなテーマが良いのか?」という質問には、答えることができません。

なぜなら、「自分の好き・得意・趣味を活かしたい」という目的であれば、私に聞かなくてもあなたが知っているはずです。

また、「月100万円稼ぎたい」という目的であれば、そもそもブログじゃなくてアフィリエイトサイトをゴリゴリ作った方が早いですよ、としかいいようがありません。

したがって、「目的」次第です。

もしアフィリエイトで稼ぎたいなら次の記事でアフィリエイトで稼げるジャンルを確認してみてください。

関連記事>>>なぜあなたのブログは稼げないのか?

複数のテーマ、活かせてますか?

さて、3~5個のテーマを選ぶと書いたときに、いろいろtwitterで反響をいただいたのですが、そのつぶやきを見ていると、私の説明が足らなかったので、この記事で補います。

いろいろな方のブログを見ていると、この複数のテーマを活かしにくい方向性(バラバラ型)効果的に活かせる方向性(シナジー型)に分かれます。

3~5個のテーマを選んでいたとしても、実は全然違うのです。

バラバラ型

3つのテーマがあるとします。

「バラバラ型」というのは、各テーマがバラバラに存在している状態です。

自分の好き・得意・趣味を1つのブログに入れた結果、例えば、「コスプレ」と「シイタケ」と「ブログ運営」の3つがメインテーマだとします。

(「シイタケ」なんてテーマのブログあるのかって? シイタケだけで500記事以上のブログとかありますよ)

「コスプレ」に興味がある人は、検索エンジンやSNSでその記事でたどり着きますが、残念ながら「シイタケ」や「ブログ運営」に興味がありません。

したがって、コスプレの関連記事くらいは見るかもしれませんが、そこで途絶えます。

一方、「シイタケ」に興味がある人は、残念ながら「コスプレ」や「ブログ運営」に興味がありません。

「ブログ運営」に興味がある人は・・・もういいですよね。

バラバラ型では、複数のテーマを扱っているものの、1つのテーマの記事に来た人たちが他のテーマの記事に行かないというデメリットを抱えることになります。

もちろん、コスプレとシイタケとブログ運営、あるいはこのうちいずれか2つのテーマに興味がある人も世の中にはいると思います。

「ニッチ」でいいじゃないですか!

ニッチというのは戦略上、重要な考え方の1つですが、それは需要がある場合に限られます。

どう考えても「コスプレ×シイタケ」では、ニッチを通り越して需要がありませんよね・・・。

シナジー型

一方、「シナジー(相乗効果)型」と勝手に名付けましたが、ようするに、1つ1つのテーマが密接に関係したブログを運営しているパターンです。

節約、料理、片づけのシナジー効果

例えば、主婦の雑誌の3大テーマが「節約」、「料理」、「片づけ」です。

「食費の節約」と「料理」は密接に関係しています。

「キッチンの片づけ収納」と「料理」は密接に関係しています。

「片づけ収納をすることで余計なものを2つも3つも買わない」という意味で「節約」とも密接に関係しています。

だから、「節約」に興味がある人は、「料理」も「片づけ」も興味を持つことが多いでしょう。

シナジー型の場合、「1つの記事(節約)」でそのブログにたどり着いた人が、「他の記事(料理や片づけ)」を読んでくれる好循環が生まれやすくなります。

また、「1つの記事(料理)」でそのブログにたどり着いた人が、「他の記事(節約や片づけ)」を読んでくれることもあります。

このように、1つのテーマの記事から他のテーマの記事へと読者が読んでくれるテーマ群であれば、ブログ内をぐるぐる回ってくれて、1ページだけでなく、2ページ目、3ページ目と見てくれます。

・・・ん?

「節約」、「料理」、「片づけ」って大きくみれば「家事」の専門特化ブログ(テーマが1つ)じゃないかって?

うん、そうとも言うね。

この点については、どのレベルでテーマを見るかによって変わり、大きくくくれば人類皆兄弟(?)です。

だから、自分のブログの中でカテゴリー分けしたときの1番大きな単位=テーマくらいに思っておいてください。そうすると、さすがに「節約」、「料理」、「片づけ」は、別々のカテゴリーにしておきたいですよね。

雑誌は「想定読者が好きな複数のテーマ」でできている。

雑誌ブログは、「雑誌」のように「想定読者が好きな複数のテーマ」が存在するのが理想です。

例えば、『BIG tomorrow』という雑誌では、「副業(FX、株式・不動産投資、せどりなど)」、「節約」、「仕事術」、「健康」なんかが複数のテーマになっています。

30代~40代のサラリーマンが好きそうなテーマが並んでいますね。

こういうのは典型的なシナジー型ですね。

この記事で言いたかったことは、テーマの関連性があるかないかでブログの回遊性に影響があるので、テーマを決めるときに参考にしてね、ということです。

なぜなら、「自分の好きな複数のテーマ」が「想定読者が好きな複数のテーマ」と合致していると、ブログ内をどんどん回遊してくれるからです。

こういう話をすると、すぐに

3つのうち2つは関連するけど1つは全然関連しないけど、やめた方がいいですか?

という質問がくるのですが、そういう話ではありません。

回遊性の観点から不利ですよ、と言っているにすぎません。

ブログは自由に書けばいいわけですし、1つ1つのテーマで勝負できるのであれば、特に問題ありません。

なお、複数のテーマを扱う以上、ブログ内を回遊する仕組みとして「内部リンク(記事間のリンク)」の設定は必須です。次の記事で詳しく書いているので、ぜひお読みください。

関連記事>>>読者に喜ばれる「内部リンク」を張るための12のチェックポイント

【中級編】ブロガーがアフィリエイターと戦わない方法

さて、最後にアフィリエイトについて書いておきましょう。

ここからは中級編(月間10万PV前後または月10万円前後稼ぐ人向け)です。

アフィリエイトサイトは原則として1サイト1テーマです。

ブログのようにテーマを2つ以上入れてしまうと、ターゲットがぶれるからです。

例えば、アフィリエイトで稼げるジャンルの1つに「転職」がありますが、ふつうのアフィリエイトなら「転職」だけでゴリゴリのアフィリエイトサイトを作成します。

「看護師転職」なら、ざっくり言えば看護師の転職の「悩み」に関連するキーワードで検索上位になるように設計したりします。

一方、ブログは1ブログ1テーマの専門特化ブログでなければ、2つ以上のテーマを入れることができます。

したがって、1つのテーマで集客して、もう1つのテーマ(アフィリエイトで稼げるジャンル)に回遊させることで、アフィリエイトで稼いでいる方もいます。

そうすれば、アフィリエイターがしのぎを削るキーワードで検索上位に行かなくても、アフィリエイターが来ないがら空きのテーマで集客して稼ぐことができる場合があります。

・・・これ以上、具体的なことを書くと「ライバルを増やすな!」と怒られるかもしれないので、ヒントはここまでとします。

もっと知りたい方は、下記の記事がとても勉強になります。

【参考】ネットニュースラボ

アフィリエイトのターゲットを4つに分解!クラゲアフィリとは?

100記事10回講座でもアフィリエイトの方法について書いているので、よろしければお読みください。

次の記事へ>>>ブログ初心者が90記事で始める趣味ブロガーのアフィリエイト戦略