個人ブログで月100万PVを超える方法は...
ブログ初心者

雑記ブログと専門特化ブログどっちがいい?中間の「雑誌ブログ」を目指せ!

クロネさん。雑記ブログと専門特化ブログ、どっちがいいんですか?

この質問に対して私はいつも「運営しやすいのは雑記ブログだけど、稼ぎたいなら専門特化ブログ」と答えてきました。

雑記と専門特化

・・・しかし、実は自分のブログは雑記ブログでもあり、専門特化ブログでもあることに気づきました。

この2つの良いとこどりをした雑誌ブログ(magazine-blog)というスタイルだったのです。

この記事では、雑記ブログと専門特化ブログの中間に位置づけられる雑誌ブログについて書きます。

※「雑誌ブログ」はクロネの造語です。

▼このブログと同じWPテーマ▼
JIN

雑誌ブログとは?

雑誌ブログでは、テーマを3~5個くらいにしぼってブログを運営していきます。

雑記ブログほどなんでも書けるわけではありません。

かといって、専門特化ブログのようにテーマを1つにしぼらなくてもいいのです。

これにより、「運営しやすさ」と「稼ぎやすさ」を両立します。

雑誌ブログ

例えば、ある主婦向け雑誌の鉄板ネタは「節約」「料理」「片づけ」の3テーマです。

この3つのテーマが繰り返し、手を替え品を替え登場します。

これをブログに応用するのです。

「節約」だけにしぼれば専門特化ブログですが、雑誌ブログではそこまで縛(しば)りません。

テーマに「料理」や「片づけ」も含めると、楽にブログ運営をすることができます。

ただし、やるべきことはたくさんあります。

  • カテゴリーを整理する
  • メニューや関連記事表示を最適化する

など、ごちゃごちゃしないようにしたり、過去の記事にも簡単にたどり着けるようにしたりする工夫は必要です。

結論はここまでですが、もう少し詳しい説明を読みたい方は、続けてお読みください。そうでない方は、下記の関連記事をお読みください。

▼30日間は無料お試し可能▼
アフィリノオト

雑記ブログのメリットとデメリット

雑記ブログのメリット

雑記ブログとは、テーマが定まっていない「なんでもあり」のブログです。

メリットは自分の好きなことが自由に書ける点です。

縛(しば)りがないのでどんなことでも書けるんですね。

  • 今日の晩ごはん
  • ネコの話
  • 好きなゲームの紹介
  • たまにブログ論

などなど、なんでもOKです。

雑記ブログのデメリット

一方で、この自由さが雑記ブログのデメリットにもなります。

好きなように書いているので、1つ1つの記事がバラバラに存在し、ごちゃごちゃするんですね。

その結果、読者にとっては興味がある記事もあれば、そうでない記事も出てくるでしょう。

読者の属性がどうしてもあいまいになりがちです。

アフィリエイトで稼ぐときにもターゲットがあいまいになるため、難易度が高くなります。

専門特化ブログのメリットとデメリット

専門特化ブログのメリット

専門特化ブログとは、「ある1つのテーマ」だけを徹底的に書いているブログです。

メリットは、テーマがしぼられているので読者が明確な点です。

例えば、ヨーロッパ旅行だけにテーマをしぼったブログを書くとします。

どんな人が訪れるでしょうか?

そう、ヨーロッパ旅行に興味がある人ですね。

余計な記事がないため、必要としている記事にすぐたどり着けるという読者側のメリットもあります。

アフィリエイトで稼ぐときにもターゲットが明確なので、雑記ブログに比べて難易度が低くなります。

専門特化ブログのデメリット

一方でデメリットは、ネタに困るという点です。

ヨーロッパ旅行に行くブログを書いたはいいけど、旅行記を書いたら終わりで放置という方もいることでしょう。

そして、選ぶテーマによっては全く人が来ません

その分野の専門家だったり、ある程度ブログをやっている方なら問題ありません。

しかし、初心者がいきなりマイナーなジャンルで専門特化ブログをやると、続かない可能性が高いです。

ブログは続けることが重要なので、これではテーマをしぼって運営する意味がありません。

なお、「自動販売機化」と矛盾するのでは、と思う方もいるかと思いますので、また別の記事で解説します。

雑誌ブログというスタイル

今までいろいろなブログを見てきました。

するとある共通点がありました。

最初は「雑記ブログ」ではじめる。

アクセス数が多かったり、読者からよくSNSで拡散されたりコメントをもらったりするようなジャンルを伸ばしていく。

最終的には「専門特化ブログ」にする。

この流れが1つの成功モデルです。

というか、私がそのパターンでした。

雑記と専門特化

もちろん、twitterやはてなブックマークを上手に活用する人は、いきなり雑記ブログで成功していますし、最初から専門特化ブログで良いジャンルに巡り合える人も結果が出ます。

ただ、すべての人がそうではないので、1つのモデルとして提案するのが雑誌ブログです。

雑誌ブログの運営しやすさ

運営しやすさ

「新聞」や「書籍」と比較すると、雑記ブログが新聞寄りで、専門特化ブログは書籍寄りです。

雑誌ブログはその中間でそのまま雑誌というイメージです。

3~5のテーマならネタに困ることもなく、安定して続けることができます。

ある程度テーマをしぼっているのでごちゃごちゃせず、専門性も出しやすくなるでしょう。

運営のしやすさという観点から、初心者におススメです。

 

「カテゴリーを3~5個にするということですか?」とよくご質問をいただきます。

例えばカテゴリーが10個あったときに、その中で3~5個の記事数が他のカテゴリーよりも多ければ十分絞っているといます。

逆に言えば、10個のカテゴリーが全部同じくらいの記事数だと、雑記ブログを抜け出していないイメージです。

 

雑誌ブログの稼ぎやすさ

稼ぎやすさ

稼ぎやすさについては「ターゲット(対象者)」の観点から分類してみます。

雑記ブログはテーマがばらばらなので「あいまい」、専門特化ブログはテーマが1つで「ピンポイント」、そして雑誌ブログはその中間で「属性」です。

雑記ブログの読者のようにあいまいではないけれど、専門特化ブログほどピンポイントではない「層」を読者にしていきます。

例えば、ある主婦向け雑誌

30代関東在住で子どもがいる専業主婦で節約・料理・片づけに関心がある層

をターゲットにしているみたいな感じですね。

読者層というと難しく感じるかもしれませんが、ブログを書いている自分の属性=読者層にするってことです。

自分が30代サラリーマンなら、「30代サラリーマン」という読者層を集めていくイメージです(本当はもう少し限定した方がいいですが)。

「属性とは何か?」については別の記事でも改めて解説します。

最後に

雑誌ブログについて書いてきました。

要するに、雑記ブログと専門特化ブログの良いとこどりをしようということです。

ブログ運営方針

運営者で区別すると、

  1. 雑記ブログ=プロブロガー
  2. 雑誌ブログ=趣味ブロガー
  3. 専門特化ブログ=アフィリエイター

という3類型です。

このブログは、趣味ブロガーとして雑誌ブログを運営し、月1万円稼ぐ自動販売機を作る方法をお伝えしているのです。

この記事は「考え方」を中心に書いたので、「もやっ」とした方がほとんどだと思います。

他の「具体的な方法」について書いた記事を合わせて読んでいただくことで、ようやく「ああ、そういうことか」と分かるようにしているので、他の記事もぜひお読みください。

また、人気雑記ブロガーのヒトデさん(@hitodeblog)の下記の記事も、「プロブロガーではない」立ち位置なので大変参考になります。

追記

この記事を参考に、もっとわかりやすい図解で記事を書いていただきました。

ABOUT ME
kurone43
趣味、「ブログ」 ※ブログに関する個別相談・コンサル・サロンは行なっておりません。
▼このブログと同じWPテーマ▼
JIN
▼ブログで本気で稼ぎたい方へ▼
ブラックSEO
アフィリエイトに特化した現役税理士Kが教える確定申告・節税マニュアル
クロネの税金講座

※現在のネットビジネス歴は6年目です。

>>>【限定特典付】アフィリエイトに特化した現役税理士Kが教える確定申告・節税マニュアルはもう読みましたか?

こちらの記事もおすすめ!