ブログに疲れたら

自分と対話するためにブログを書こう。

映し鏡

ブログに何を書くかは自由です。

誰かの役に立つ必要なんてありません。

 

「いやいや、それじゃあ稼げないじゃないか」

という声は放っておいて、今日は

 

「自分と対話するためにブログを書く。」

 

という話をしてみたいと思います。

▼このブログと同じWPテーマ▼
JIN

自分と対話する方法

「自分」と対話する

といっても

 

そもそも自分と対話?

どうやってするの?

独り言でもつぶやくの?

 

となってしまうと思います。

 

だから、「自分」と対話するためにブログを書いてみることをおすすめします。

▼キラーページに誘導!▼

自分と対話するための質問

「なるほど、ブログを書けばいいのか」

と思っても、実際には手が止まってしまいますよね。

 

「何を書けばいいのか」

が分からないからです。

 

そこでいくつか質問をします。

その中から気になるものをテーマに記事を書いてみてください。

  • 最近、感動したことは何ですか? なぜ感動したのですか?
  • あなたが憧れる人は誰ですか? なぜその人に憧れるのですか?
  • ストレスがたまるのはどんなときですか? そのストレスの原因は何ですか?
  • お金が無制限にあるとしたら、何にお金を使いたいですか? その中で優先順位をつけるなら1番は何ですか?
  • 絶対に失敗しないとしたら、何をしたいですか?
  • 10年前、どんな出来事がありましたか? そのときの自分にかけてあげたい言葉は何ですか?
  • あなたが「幸せ」を感じる瞬間はどんなときですか? リストアップしてみてください。
  • あなたにとっての「成功」とは何ですか? 中学生でもわかるくらい具体的に説明してみてください。
  • あなたが元気になる音楽は何ですか? その音楽を聴くと思い出すことは何ですか?
  • あなたが子どもの頃に夢中になったことは何ですか? それは今も続けていますか?
  • 死ぬまでにやりたいことは何ですか? リストアップしてみてください。

いろいろ書いてみました。

 

正直、質問自体は適当です。

それっぽいものを私が考えただけなので、しっくりこなければ勝手に変えてください。

 

大事なのは、自分で自分に質問することです。

 

でも、忙しい日常生活の中では、放置されたままになる質問ばかりです。

 

1つでも、今まで時間をとって考えたことがあるでしょうか?

1つの質問に対して、何度も繰り返し考えたことがあるでしょうか?

 

目の前の仕事や雑事を片づけているうちに、短い人生は終わってしまいます。

 

だからこそ、ブログを書くという時間をあえてとってほしくて、こんなことを書いています。

▼ブログで本気で稼ぎたい方へ▼
「ブログでは書けないウェブ戦略と思考

公開するかどうかはあなたの自由

「自分と対話するためにブログを書きましょう」

と言っておきながら、最後にアレですが、その記事を公開するかどうかはあなたの自由です。

 

別に下書きのまま終わってもかまいません。

 

書いた時点で、自分との対話は終了しています。

 

じゃあ、別にブログじゃなくて紙に書いてもいいじゃないか、と思うかもしれませんが、そのとおりです。

 

「他人に読まれると思うと、本音で書けない」

ということであれば、下書きのままの方がいいでしょう。

 

例えば「死ぬまでにやりたいことリスト」のように、オープンにしても困らない、むしろオープンにすることで実現するぞ、と思ったものはぜひ公開してみてください。

 

そこには、他の誰でもない「あなた自身」があらわれます。

 

そして、半年後、1年後にもう一度その記事を読み返してください

その時間もまた、自分との対話です。

▼このブログと同じWPテーマ▼
JIN
▼仲間とがんばるなら▼
こちらの記事もおすすめ!