ブログ初心者は最短最速で1円を稼げ!ゼロからイチを作る大切さ

この記事は、残念ながら秒速で「億」を稼ぐ話ではありません。

でも、実はそれと同じくらい重要な話です。

というのも、「ブロガーはじめました!」と宣言してその後、数か月で「行方不明」になるほとんどの人は、

(1)1円を稼ぐ前にブログをやめる

または、

(2)1円の重みを知らないうちにブログをやめる

が圧倒的に多いからです。

このブログに来る方は、「今の日記ブログのままでいいや」と思っている方ではない前提ですので、ハッキリ言います。

ブログ初心者は最短最速で1円を稼いでください。

1円を稼ぐ前にブログをやめる

今の時代は別にブログに限らず楽しいものがたくさんあるので、1円を稼ぐ前にやめてしまうと思います。

最初のうちはなんとなく楽しくても、「楽しいだけ」では続かないのがブログです。

・・・しかし、ブログから収益が発生すれば、続きやすくなります。

「読者の反応(PV数、いいねなど)」

「収益(お金)」

の両輪があれば、ブログは続きます。

最初は1円、10円の世界だったとしても、100円、1000円、1万円となると意識が変わってきます。

月1000円あればサーバー代もペイできるので、実質無料で遊べるんですよ!

月1万円あれば、ふつうの人はやめないと思います(笑)

だってふつうのサラリーマンの昇給って、中小企業だと月3千円台、大企業でも月6千円台ですよ。

月10万円とか100万稼いでいる人を見て大したことないという人が多いのですが、月1万円増えたら、スゴイですよね?

1円の重みを知らないうちにブログをやめる

そして、なぜ「ブログ」で1円を稼ぐことが重要なのかといえば、それは「給料」といった労働とは違うからです。

会社というのは、そもそも誰かが「ゼロ」から仕組みを作って今の状態になっています。

誰かが作ってくれた仕組みの中で働くからこそ、お金をいただくわけですね。

社畜とかブラック企業とかいろんな問題はもちろんあります。

でも、「自分でゼロから仕組みを作っていない」から、その分が、給料から差し引かれていると思った方がいいでしょう。

私は長年、中小零細企業の経営コンサルタントをしてましたが、仕組みを作った創業者一族が役員報酬で何千万円ともらっている一方、従業員の給料は200万円~400万円という状態をよく見てきました。

「仕組みを作る側に回らない」とお金はこないとずっと思っていました。

一方、ブログの収益は、自分で「ゼロ」から仕組みを作り上げて自分でもらうお金です。

会社から上司に「おまえの仕事これね」と言われてやった結果のお金と、自分で「ゼロ」から考えてたった1人で稼ぐお金とでは、意味が全然違います。

時給換算しても全く意味がありません。

だから、その感覚を早く味わってほしいのです。

逆にその感覚を味わった人は、「会社という仕組みのありがたさ」にも気づけるようになります。

この話は別の記事で書こうと思いますが、仕事のやり方が変わります(その結果、出世したり年収が増えたりします)。

ブログ初心者はGoogle AdSense、Amazon、楽天を!

さて、実践編ですが、非常にベタですが、1円を最短最速で稼ぐためのツールは、

  1. Google AdSense
  2. Amazonアソシエイト
  3. 楽天アフィリエイト

の3つです。

この3つを必ず設置してください。

1.Google AdSense

理由:「クリック」だけで報酬が発生するから

Google AdSenseは、いくつか記事を書いてから審査に通る必要がありますが、それさえ通ってしまえば、1円が発生しやすいです。

もう少しページビュー数が増えてから設置しようと思っています

な、なんだってー(;´Д`)

10~20記事くらい書いているなら、今すぐGoogle AdSenseの審査を申し込みましょう。

20記事でも通らないとか、8記事でも通ったとか、いろんな情報があります。

人のことはともかく、審査を受けてみてください。

さすがにこのブログで紹介している「ブログ初心者が100記事まで書き続けるための10段階講座」をやれば、1円も発生しないのはあり得ないように設計しているので、とにかく設置してスタートラインに立ちましょう。

なお、Google AdSenseで稼ぎたいという方は、NaifixのElloraさんが紹介している次の記事が必読ですよ!

参考 Naifix

ブログとアドセンスで稼いでみたいあなたへ贈る10のアドバイス

2.Amazonアソシエイト

理由:紹介した商品とは違う商品が売れても報酬につながる

Amazonアソシエイトでは、皆さんおなじみのAmazon(アマゾン)の商品が紹介できます。

メリットとしては、「商品Aがおすすめですよ」としてその人が「商品A」を購入すれば報酬がもらえるのはもちろん、その人が別の「商品B」を買っても報酬が発生する点です。

ただし、アフィリエイトが有効な期間は24時間以内です。

例えば「本(書籍)」は、料理なら料理の本、ブログ論ならブログの本など、割といろいろな記事で紹介しやすいので、コツコツやってみましょう。

楽天アフィリエイト

理由:紹介した商品とは違う商品が売れても報酬につながる

楽天アフィリエイト」をおすすめする理由はAmazonアソシエイトと同じです。

ただし、アフィリエイトが有効な期間は30日以内と長いです。

※長いと言ってもその間に他のサイトやブログのリンクを踏めばリセットされるので、楽天アフィリエイトが絶対に良いとも言えません。そもそも読者が楽天ではなくAmazonしか使わないかもしれませんしね。

コツとしては、いろいろな広告が自動的に表示されるものよりも、記事の中で関連する商品をピンポイントで紹介するのが1円への近道です。

なお、現金ではなく「楽天スーパーポイント」で還元される点には注意が必要です。

【参考】Amazonと楽天は「もしもアフィリエイト」もアリ

さて、私はAmazonアソシエイトと楽天アフィリエイトは、実は「もしもアフィリエイト」というASP経由で申し込んでいます。

というのも、Amazonアソシエイトは「5,000円」、楽天アフィリエイトは「3,000円」を超えないと換金(ポイント交換)できないので、そこまでコツコツと積み上げる必要があります。

※【追記】「Amazonギフト券」への交換なら「500円」からいけます!

しかし、ASP経由で提携すると、ハードルが下がるケースがあります。

私が使っている「もしもアフィリエイト」の最低支払額は「1,000円」で振込手数料も無料です。

5,000円(Amazon)と3,000円(楽天)に比べると、だいぶハードルが低いですね。

特に「楽天アフィリエイト」は「楽天スーパーポイント」でもらうので、現金でもらいたいという方はおすすめです。

・・・ただ、もしもアフィリエイトは他の案件がそれほど豊富ではないので、ASPを分散するのは嫌だな、という方は、「A8net」の中でAmazonと楽天をやってもいいと思います。

※【追記】報酬の10%が上乗せでもらえるW報酬という珍しい仕組みもありますが、Amazon、楽天ともに対象外です(残念)。

※A8netを通すとAmazonの報酬率が悪くなる場合もあります。もしもアフィリエイトは報酬率が変わらないです。

※物販中心の場合は、次の記事もお読みください。

参考 Mug8 Blog

【必読】もしもアフィリエイトを全員に勧めない本当の理由 物販アフィリをする前に

終わりに

いろいろ書きましたが、

「読者の反応(PV数、いいねなど)」

「収益(お金)」

の両輪があれば、ブログは続きます。

このうち今回は、「収益(お金)」の話をしました。

最短最速で1円を給料以外で「ゼロ」から稼いでみてください。まずはそこからです。

次の記事へ>>>なぜあなたのブログは稼げないのか?