キレイな画像が無料で使えるPixabayとフリー画像サイトの著作権侵害リスク

この記事では、ブログ初心者が記事を書くときに無料でキレイな写真が使えるフリー画像サイト「Pixabay(ピクサベイ)」をご紹介します。

実はこのブログの記事のアイキャッチ画像も、見出しごとに挿入している画像もすべて「Pixabay」の画像を利用しています。

そこで、

  1. Pixabayで画像を選ぶコツ
  2. 簡単に画像を記事に挿入できるプラグイン
  3. フリー画像サイトの著作権侵害リスク

をご紹介します。

Pixabayとは?

pixabayURL:https://pixabay.com/ja/

Pixabayとは、商用利用可能(アフィリエイトサイトもOK)、クレジット表記不要、加工可能な「クリエイティブコモンズCC0(いかなる権利も所有しない)」という写真・画像を集めたサイトです。

Pixabayとは?

Pixabayは著作権のない画像や動画を共有する、活気のあるクリエイティブコミュニティです。すべてのコンテンツはクリエイティブコモンズCC0の下で公開されています。これにより、たとえ商業目的であっても、許可を求めたりアーティストに信用を与えることなく安全に使用できます。

写真を使ってもいいですか?

これらの画像は、商用、非商用を問わず、コピー、改変、再配布することができます利用に関する許諾や使用料の支払いは必要ありません。しかし、画像の中には商標やパブリシティ権、プライバシー権などに基づき保護されているものが含まれます。詳しくはブログをご覧ください。

出典:Pixabay「よくある質問

「商標やパブリシティ権、プライバシー権などに基づき保護されているものが含まれます。」とあるので、例えば、写真に写っているメーカー名、人の顔写真(ただの一般人が写り込んでしまったようなもの)は注意が必要です(よくテレビでも”ぼかし”が入ってますよね)。

pixabay3

CC0 Creative Commons

商用利用無料

帰属表示は必要ありません

Pixabayで画像を選ぶコツ

1.英単語で入れてみる

Pixabayはもともと英語圏のサイトなので、「日本語」で検索しても思ったような結果が出てこない場合があります。

そういう場合は、「英単語」を入力すると異なる結果になる場合があります(Googleで「和英 **」と検索すれば大体わかります)。

例えば、「星」と「star」みたいな感じですね。

日本語と英語が1:1で置き換えられるような簡単な名詞はいいのですが、そうでない場合は、変な検索結果が登場することもあります。

私は、まず日本語で、次に英単語を入力して検索してます。

2.関連の写真・関連のキーワード

pixabay4

選んだ写真の下には、「関連の写真」が出てくるので、念のため見ておきましょう。

そして、さらに下には写真にタグ付けされた「キーワード」が出てくるので、ぴったりくる検索語があれば、クリックしてみましょう。

Word Pressプラグイン「Pixabay Images」

Word Pressの方は、「Pixabay Images」を使うこともできます。

「プラグイン」>「プラグインを追加」で「Pixabay Images」を入れると、出てきます。

Pixabay Images

インストールして有効化すると、「新規投稿画面」にボタンが出てきます。

Pixabay Images3

これを選ぶと検索できるようになるので、例えば、「星」と入れると次のように画像が選べます。

Pixabay Images3

※左下は「将来のスター」ですね・・・。右下は「ポインセチア」で「クリスマスの星(ベツレヘムの星)」とも。

わざわざパソコンに画像を保存するのが面倒な方はプラグインを使ってもいいかもしれませんが、検索するときに一覧表示が少なくなってしまうので、私は使っていません。

フリー画像サイトの著作権侵害リスク

さて、ここまでススメておいて最後に大事なことを書かないといけないのですが、「Pixabay」を含む「クリエイティブコモンズCC0(いかなる権利も所有しない)」と言っているフリー画像サイトのリスクです。

実は、次のような記事でフリー画像のトラブルが報告されております。

でじねこ.com

フリー画像サイトの写真を使ったブログ記事が著作権侵害で検索結果から削除された

ぱくたそ

ブログにフリー素材を使ったら著作権侵害で検索結果から削除されたらしい

まろろぐ

ブログに使ったフリー画像が著作権侵害だと言われた話

最後のまろろぐさんのフリー画像は「Pixabay」の画像だったそうです(;’∀’)

フリーの画像サイトのPixabayで探してダウンロードしたお姉さんの写真画像でした。

どうやら推測するに、flickrでパクった画像をPixabayにあたかも「ぼくの作品です」と語って投稿したやからがおったんでしょうなあ。

そうとは知らず「この写真画像、ええやん」ってダウンロードして使った我々「善良な第三者」が「著作権侵害者」としてGoogleさんに摘発されたと。

出典:まろろぐ「ブログに使ったフリー画像が著作権侵害だと言われた話

この記事を最初に見たときは、びっくりしました。

Pixabayのほとんどの画像が上記のような問題とは関係がないと思いたいですが、中には運悪く(?)著作権侵害でGoogleさんから警告を受けるリスクもあるので、それを知った上で使うかどうかをご判断いいただければと思います。

終わりに

画像は権利関係がムズカシイです。

1番いいのは、自分で撮った写真ですが、そこまでしてたらキリがないですね(;’∀’)