私が趣味ブロガーをすすめる3つの真の理由

もしあなたがお金を稼ぎたいなら、今すぐこのブログを読むのをやめましょう。

同じ記事を書くにしてもアフィリエイターになった方が稼げます。

それでもブログがいいのなら、今すぐプロブロガーのように最短最速で自分を売った方が稼げます。

一方、趣味ブロガーは「カメの歩み」です。

昔話のウサギとカメのように、「なんでお金になるかどうかも分からないのにブログなんてやってるの?」とみんなにバカにされるのですが、私は、それでもあえて、趣味ブロガーをすすめます。

たぶん、アフィリエイターやプロブロガーではない何かになりたかったからこそ、あなたはこのブログを読んでいるのだと思います。

これは、人間をめぐる「現在」「未来」のお話です。

1.日々の生活を豊かにするため

精神的な豊かさを実現しよう!

まず、「現在」のお話です。

私が趣味ブロガーをすすめるのは、「日々の生活」を「豊か」にするためです。

「豊か」とか、経済的・物質的な豊かさではありません。

その点については、少なくとも世界レベルで見れば、日本に生まれた時点で圧倒的勝ち組です。

ここで言いたいのは、「精神的な豊かさ」です。

記事を書くことで「アンテナ」を立てよう!情報発信は情報収集である!」という記事で、情報発信して「アンテナ」を立てることの重要性を書きました。

「ブログのネタになる」と思うと、毎日の過ごし方が変わります。

自分の好き・得意・趣味に共感してくれる人と出会います。

もっと言えば、価値観の近い人と簡単につながることができます。

そして、そんな人たちに、あなたは自分の知識・経験・体験・スキルなどを提供することができます。

どう考えても楽しいに決まってるじゃないですか(^◇^)

それが、「精神的な豊かさ」です。

自分の好き・得意・趣味を活かしてブログでお金を稼ぐ必要があるの?」という記事で問いかけました。

そもそもブログの目的はお金ではないのでは?

稼ぐことはスッパリあきらめて、ブログを通じて価値ある情報を提供したり、同じ好き・得意・趣味を持つ仲間を集めるのも楽しいですよね。

ブログは自分の好き・得意・趣味を情報発信できるとても素敵なツールです。

趣味ブログを私がすすめるのは、「今すぐに精神的に豊かになれる方法」だからです。

経済的に困っているなら趣味ブロガーを目指すな!

別にこれは、きれいごとではないのです。

実はあえて言っていませんでしたが、このブログの真のターゲットは30代と40代のブロガーさんです。

なぜなら、今から顔出しして、炎上して、社畜やめま~すとか言って、今の仕事をやめることできますか?

プロブロガーのハードル、めちゃくちゃ高いです。

私自身が実際に会社をやめた経験者なので言いますが、

  • 20代独身で家もない状態でやめる
  • 30代で小さい子どもがいて住宅ローンはウン千万円残ってる状態でやめる

どっちがハードル高いと思います?

20代の社会人に「会社やめてもなんとかなるよ」と言っている人が多いですね。

では、30代以上の社会人に「会社やめてもなんとかなるよ」なんて言えますか?

※ブラック企業の場合は、例外なく今すぐ転職をおススメします。

仮に本業の収入を副業の収入が超えたとしても、「本当に今後も住宅ローンが返せるのだろうか?」と悩むはずです。

実際、ブログで稼いでいても、本業を続けている人を何人も知っています。

それは正しい選択だと思います。

だから、当たり前のことを言いますが、経済的になんとかしたいと思っているのなら、趣味ブロガーなんてきれいごとを言っている場合ではありません

あなたにとって必要なのは、趣味ブログではなく、お金を稼ぐ仕組みです。

だから、メルカリでもせどりでもライターでもコンビニのバイトでもいいから、今すぐお金を稼いでください。

趣味ブログに人生をかけてはいけません。

※ちなみに、私が会社をやめた理由は、家庭の事情でふつうに会社に行って働くということができなくなったからです。それがなかったら会社をやめなかったと思います。

趣味ブログは高い次元の欲求を満たすことができる!

・・・さて、経済的になんとかしたい人を除くと、次に待っているのは「精神的な豊かさ」の問題です。

「マズローの欲求5段階説」をご存知でしょうか?

人間の欲求を5段階に分類し、低い次元の欲求が満たされれば、さらに高い次元の欲求を満たすために行動するというモデルです。

  1. 自己実現欲求:自己の存在意義を実現する欲求
  2. 自己尊厳欲求:他者から尊敬されたいという欲求
  3. 認知評価欲求:他者から評価されたいという欲求
  4. 安全確保欲求:集団に属することで、リスクや危険から身を守りたいという欲求
  5. 生活生理欲求:衣食住の欲求

出典:「マズローの欲求5段階説とは|MBAのグロービス経営大学院

お金に困っていたら趣味ブログをやってる場合じゃない、と私が言いたいのは、マズローの欲求5段階説を使って説明すれば、それはそもそもの「生活生理欲求」のレベルの問題だからです。

趣味ブログはお金を稼ぐのには向いていないので、逆にそのレベルを達成するには時間がかかりすぎてゲームオーバーです。

決して、お金がないときに収益のない趣味ブログにすがってはいけません。

でも、趣味ブログは、もっと高い次元の「自己実現欲求」、「自己尊厳欲求」、「認定評価欲求」を満たすのに向いているのです。

だから、「楽しい」のです。

2.老後破産に備えるため

今始まっている悲観的な未来

次は未来の話です。

もしかして、老後のために貯金してますか? 投資してますか? 節約してますか?

老後が不安だからやっている人もいれば、よくわからないけどやっているという人もいるでしょう。

いずれにしても、これから年金制度はどんどん厳しくなっていくので、老後破産する人は増えるでしょう。

というか、老後破産は既に起こっている問題です。

それで、老後破産に備えるのは、「お金」ですか?

・・・残念ながら、それでは足りません。

なぜなら、いくら必要なのかわからないからです。

公的年金が最もすぐれているのは、「長生きリスク」に備えるものだから

今、国民年金保険料を払えるのに払わない人がいます(払えない人は免除申請をしましょう)。

しかし、国民年金とは、現時点では「死ぬまでもらえるお金」です。

30代の人が90才まで生きる計算していたら、医療技術の発達で100才になったらどうなります?

貯金なんて長生きしたら足らなくなるんですよ。

だからいくら貯金したらいいかなんて、誰にも分かりません。

年金とは、「不労所得」です。

不労所得なんて怪しいと思っている人がたくさんいるかもしれませんが、人生の最後は不労所得でみんな暮らすのですよ。

もちろん、その年金が生活をするのに足りていれば、ですけどね。

生涯月1万円を目指す理由

月間8万PVで月間収益0円だったある趣味ブロガーの話」という記事に次のように書きました。

顔出し、炎上なし、オピニオン記事なし、ブログ論なし、収益報告なしでひっそりとブログを使って自分の好き・得意・趣味を生かした自動販売機化する方法を広めること

自動販売機なんて怪しいと思った人もいるかもしれませんが、私が目指すのは生涯月1万円です。

もし、趣味ブログがみんなに価値を提供しながら、毎月1万円ずつお金をもたらしてくれたらどうでしょうか?

老後の家計が楽になりますよね。

老後になっても、趣味ブログなら続けられます。

孫ブログでも、盆栽ブログでも、俳句ブログでも、熟年婚ブログでも、終活ブログでもなんでもいいじゃないですか。

でも本当に大事なのは、つながり

2017年7月に経済産業省の若手官僚が書いたレポート「不安な個人、立ちすくむ国家【PDF注意】」が話題になりました。

定年後は「社会とのつながり」が急速に失われるそうです。

でも、30代には30代の、40代には40代の、50代には50代の、60代には60代の、70代には70代のブログを書けばいいだけです。

まあ、80代以上になると厳しいかもしれませんが、それまでにブログを通じて出会った人たちとつながりをもつことは、かけがえのない財産となるでしょう。

ブログを通じて社会とつながることができるのです。

別にアフィリエイトやGoogle AdSenseの仕組みがなくなったって困りませんよ。

自分の好き・得意・趣味に共感する人が集まる限り、みんなとつながれますから。

お金だけ持っていても、孤独だったらさびしいじゃないですか。

3.働かなくていい時代に退屈しないため

もう1つの未来の話

働き方改革、人工知能(AI)、ベーシックインカムなどなど、もう1つの未来は、働かなくていい時代です。

あるブラック企業は、働き方改革とiPadなどのタブレット端末のおかげで、ホワイト企業になったそうです。

今まで人が行っていたことを、機械に任せることができれば、人の仕事が減っていくというものです。

逆にYoutuberのような、過去には考えられなかったような仕事がどんどんでてきます。

「趣味ブロガー」だって、そのうちプロブロガーとは別の項目で職業図鑑に載るかもしれませんね(笑)

もし、働かなくてよくなったら何をします?

ベーシックインカムがもらえて、AIのおかげで食べ物も安くなって、生活に困らなくなったら何します?

そうです。

多くの人がしている「仕事」がなくなると、相当大きな時間が生まれてしまうのです。

定年後にテレビ漬け

ずっと仕事を続けていたある人が定年になってから、「自分にはやることがないことに初めて気づいた」、「若い頃からなんでもいいから趣味を見つけておけばよかった」というのを聞いて、そういうものなのか、と思ったことがありました。

その中で特に思ったのは、定年退職を境に1日中テレビを見て過ごしている人の存在です。仕事の部分がまるでテレビに置き換わったように。

出典:経済産業省「不安な個人、立ちすくむ国家(PDF注意)

40年以上ずっと仕事をして、その後に待っている時間はテレビの時間ですか。。。

まあ、思うことは人それぞれだと思いますが、テレビは「消費」しかできません。

ブログは「生産」することができます。

ブログを通じて離れた人とも「つながる」ことができます。

ブログは、外への入り口なのです。

お金と時間だけでは足りない!

スマートフォンもパソコンもなかった時代、電気炊飯器も洗濯機も掃除機もなかった時代。

その頃から比べたら、どう考えても経済的・物質的に豊かになりました。

でも、定年後の人たちを見ていると、お金だけでは足りません。時間だけでも足りません。

「趣味」があれば、退屈しませんよ。

仮に人工知能のおかげで定年が40才にくらいになる時代が来て、残りの人生が60年間あったとしても、趣味があれば、一生退屈しませんよ。

終わりに

さて、いつもと違って好き勝手に書いたので、意味不明な部分も多々あると思いますが、時代の流れを考えると、「趣味ブロガー」という生き方を提案するのが1番簡単だったので、9月からはじめてみました。

おかげであっという間の楽しい9月でした(まだ終わってないけど)。

やっぱり趣味ブログは退屈しないなあ、と思った次第です。

というわけで、最後にこの名言を紹介します。

真剣にやれよ!仕事じゃねぇんだぞ!

by タモリ

趣味、「ブログ」。

仕事じゃないので真剣にやってみたら、こうなりました。

by クロネ