ブロガーがWordPressテーマ「SANGO」を使うべき3つの理由と5つの注意点

2017年9月23日3時5分。

新しいWord Pressテーマが登場しました。

SANGOはWebメディア「サルワカ」から生まれた有料WordPressテーマです。開設後半年で月間100万PVを達成したノウハウを、余すことなく詰め込んでいます。

この「クロネのブログ講座」も産後すぐに、SANGOを導入しました。

SANGO01

理由?

ブロガーは新しもの好きって相場が決まってるんです(*‘∀‘)

前置きは良いからさっさと公式に行きたい方は、「SANGO | 心地良さを追求したWordPressテーマ」からどうぞ。

では、ブロガーがWordPressテーマ「SANGO」を使うべき3つの理由と検討するときの5つの注意点、参ります。

SANGOを使うべき3つの理由

理由1.思わず長居したくなる素敵なデザイン

小手先のSEOテクニックで、検索順位を上げることのできる時代は終わりつつあります。

これからは「訪問者に心地よく滞在してもらい、満足して帰ってもらう」ことこそが何よりのSEO対策になるのです。

by SANGO公式HP

SANGO02

なじみの喫茶店みたいに、「この席だと長居したくなるんだよね」みたいな雰囲気が重要なんですね。

柔らかいタッチのデザインは、まさにブロガー向けですね。

そして、制作者の方の想いの中で最も共感したのがこの部分です。

巷の「SEOに強い」とされるテーマで実施されている有効なSEO対策は基本的に実施済みです。それらのテーマが本当にSEOに強いのであれば、SANGOのSEOも強いと言えるでしょう。

とはいえ、テーマでできるSEO対策というのは限られています。価値のある記事を書かなければ、検索順位は上がりません。これはどのテーマでも共通です。

個人的には、「長居したくなる魅力的なデザイン+良質なコンテンツ」こそが最強のSEO対策だと考えています。

by SANGO公式HP

ほんとこれーーーーー\(^o^)/

「テーマ」と「記事」の位置づけに激しく共感しました。

ちなみに「価値のある記事」の書き方については、クロネさんという黒猫が書いているそうなので、良かったら読んであげてくださいね(宣伝)。

関連記事>>>ブログ初心者が100記事まで書き続けるための10段階講座

理由2.デザインでやりたかったことが簡単にできる

このデザインを見てピンと来たのが、

  1. 自分好みの「色」を設定できる
  2. 押したくなる「SNSのフォローボックス」がある
  3. 記事下の「関連記事」も挿入可能
  4. 「この記事を書いた人」が簡単にできる
  5. 記事下の「おすすめ記事」も挿入可能
  6. 「人気記事」も最初から装備
  7. 「目次」のデザイン設定済
  8. 「カエレバ」もデザイン設定済

といってデザイン関係のことができてるなあ、というところですね。

下記の「テーマカスタマイザー」で簡単に設定できます。

カスタマイズ

ちなみに、私はWord Press自体には全然詳しくありません。

それでも、カスタマイズガイドが充実しているので指示どおりに順番にやったらかなり思い通りにできました^^

参考 サルワカ

SANGOカスタイマイズガイド

色については下記の記事を参考にしてみてください。

関連記事>>>ブロガーがWord Pressテーマの配色で悩んだときに役立つツールと考え方

理由3.読み込みが速い

SANGOでは、無駄な情報や機能を削ぎ落とし、ユーザーが快適に感じられる「適度なシンプルさ」を実現しました。読み込みも速くなるよう、スタイルシートやスクリプトのファイル数を減らし、ページごとの最適化も行っています。

使用してから1日目ですが、既に一部の方からいただいているのが「読み込みが速い」という声です。

ますますスマートフォンで読む人が多くなり、また、格安SIMへの移行がじわじわと広がっていくことを考えると、この点は見逃せません。

>>>公式サイト:「SANGO | 心地良さを追求したWordPressテーマ

SANGOを検討するときの5つの注意点

さて、検討するためにはメリットだけを見てもダメですね。

今後修正が入る部分もあるかもしれませんが、検討するときに気をつけてほしい5つの注意点を挙げます。

注意1.有料テーマ:10,800円

とりあえず、ブログ初心者でブログ自体がお金を生み出していない方は、個人的には「まず記事を書きましょう!」と言いたいところですが、このテーマを買うことでモチベーションがアップするなら・・・いやいや、ダメダメ。もうちょっと記事を書くのです( ˘ω˘ )

でもまあ、最低1年使うと思えば1日あたり約30円。趣味に使うお金としては安すぎますよね(悪魔のささやき)。

自己アフィリエイトを利用して軍資金を確保するのも1つの手です。

関連記事>>>サーバー代やドメイン費用を節約する自己アフィリエイトとポイントサイトの違い

ちなみに、確定申告の際には必要経費となるので忘れないようにしましょう(#自戒)。

注意2.メニューの階層には未対応

メニューの階層(カーソルを当てると下階層のメニューがずらっと表示されるようなもの)には、対応していません。実装するつもりだったのですが、検討の結果やめました。

by SANGO公式HP

他のテーマで使いまくってる方は違う方法を要検討ですね。

注意3.多彩な表現という落とし穴

WordPressテーマ「SANGO」の魅力でもあり、逆にブロガーにとっては「落とし穴」になりかねないのですが、多彩な表現ができます。

  • 30種類以上の見出し
  • 30種類以上のボタン
  • 30種類以上のボックスデザイン
  • 20種類以上の箇条書き
  • 記事を華やかにするショートコード

あんまりやるとみんなが欲しくなってしまうのであえてセーブしますが、こんな感じで関連記事が表現できます。

記事を書いたら必ずスマホで見よう!パソコンでもできる確認方法

カードタイプもできるし、

記事を書いたら必ずスマホで見よう!パソコンでもできる確認方法

他のサイトへリンクもできるし、

参考

SANGO|心地良さを追求したWordPressテーマSANGO

補足説明とか

MEMO
クロネは夜行性です。

注意書きとか

注意
この黒猫、執事につき注意

以下省略。

ついつい記事を書くことを忘れて時間が過ぎてしまうことでしょう(うっかりそうなりかけた)。

そして、あんまりやり過ぎると次にテーマ変更するときに面倒なので、今のところどうするか検討中です(笑)

注意4.今のところアフィリエイトはないそうです。

というわけで、残念ながらクロネさんからの購入者限定特典は、今のところありませんよ!

※後日やるかどうかも保証しません~。

注意5.価格は変わるかも

価格について

カスタマイズがしやすいテーマとはいえ、似たようなブログが増えすぎることを防ぐために、販売数に応じて価格を上げる可能性があります。

by SANGO購入ページ

そ、そうなんだ(;’∀’)

終わりに

なんでテーマ名に「SANGO」って名づけたのか、誰が教えて(/ω\)

>>>公式サイト:「SANGO | 心地良さを追求したWordPressテーマ

あと、レビュー記事については、次の記事に書きました。

次の記事へ>>>ブログ初心者が50記事までに書きたい明るい未来を見せるレビュー記事