ブログ初心者がGoogle AdSenseでやりがちな4つの規約違反例

この記事では、Google AdSense(アドセンス)で意図せず規約違反をして広告表示が「真っ白」にならないように、ブログ初心者が知っておきたい禁止事項を説明します。

1.自分の広告を自分でクリックしたらダメ

まあ、普通に考えるとダメだと思えるんですが、触ってみたくなるのも心理(真理?)です。

うっかり触った場合は「収益が無効」になるだけでいきなり広告が表示されなくなるわけではなかったのですが、極力触らないようにしましょう(←私は何度か触ってます(;’∀’))。

無効なクリックとインプレッション

サイト運営者様が自分の広告をクリックしたり、手動や他の方法で表示回数やクリック数を作為的に増加させたりすることは禁止されています。

詳細

Google 広告は、作為なく、本当に興味を持ったユーザーによってクリックされるものである必要があります。そのため、Google 広告を作為的にクリックしたり表示したりする行為は固く禁止されています。禁止されている行為には、手作業による反復的なクリックや表示、クリックや表示を自動生成するツールの使用、ロボットや不正なソフトウェアの使用などがありますが、これらに限定されません。サイト運営者様がご自身のサイトに表示される広告をクリックする行為は、どのような理由があっても認められませんのでご注意ください

出典「AdSense プログラムポリシー

2.クリックをお願いする

Google AdSenseとアフィリエイト広告の決定的な違いの1つが、この「クリックをお願いできるかどうか」です。

Google AdSenseでクリックをお願いしてはいけません。

クリックの誘導

サイト運営者様が自分の広告をクリックするようユーザーに促したり、クリック数を増やすために不正な方法を使用したりすることは禁止されています。これには、広告を表示したり検索したりすれば報酬を提供するとユーザーに持ちかけること、そうした行為に対して第三者に支払いを約束すること、個々の広告の横に画像を配置することなどが含まれますが、これらに限定されません。

出典「AdSense プログラムポリシー

ちなみに、このクリックの誘導は次のような場合もアウトなので気をつけてください。

  1. 広告を表示したり検索したりすれば報酬を提供するとユーザーに持ちかけること、そうした行為に対して第三者に支払いを約束すること。
  2. 「広告をクリック」、「協力してください」、「これらのリンクへアクセス」、またはその他の同様の表現を使用して、Google 広告をクリックするようユーザーを誘導すること。
  3. 矢印またはその他の画像やレイアウトを使用して、広告にユーザーの注目を集めること。
  4. 広告の近くに誤解を招くような画像を表示すること。
  5. フローティング ボックス スクリプト(コンテンツなどの上に表示されるウィンドウのようなボックス型の表示領域で、通常はマウスなどで移動できるもの)に広告を配置すること。
  6. ページの他のコンテンツと見分けがつかないような広告のデザインやレイアウトを使用すること。
  7. 広告と見分けがつかないようなサイトのデザインやレイアウトを使用すること。
  8. Google の広告ユニットの上部に誤解を招くようなラベルを表示すること。たとえば、「スポンサーリンク」や「広告」は使用できますが、「お気に入りサイト」や「本日の特典」などは使用できません。

出典「AdSense プログラムポリシー

5番目の「フローティングボックススクリプト」は、画面をスクロールしたときに自動的に追いかけてくる広告のことです。

Word Pressのテーマで利用している方もいるかもしれませんが、Google AdSenseの広告は貼ってはいけません。

3.Google Analyticsのスクリーンショットを貼る

あれは忘れもしない2015年夏、収益報告記事で盛大にブロガーさんたちのGoogle AdSenseが飛んだときがありました(飛ぶ=広告が表示されない)。

これが後世に語り継がれる恐怖の「2015Googleアドセンス夏のBAN祭り」です。

※「ヤ○ザキ春のパンまつり」とは何の関係もありません!

この辺りは、当時一斉に「心当たりがある人たち」がBANされて、全力で記事を修正したのを見ていましたが、最近ブログをはじめた方は知らずに収益報告でGoogle Analyticsのスクリーンショットを貼る人がいるので、やめましょうね(語り継がれてないじゃん)。

9. 秘密保持

お客様は、当社の事前の書面による承諾なく Google 機密情報を開示しないことに合意するものとします。「Google 機密情報」には、(a)本サービスに関連する一切の Google のソフトウェア、技術および文書、(b)本サービスとの関係において広告媒体の実績に関連したクリックスルー率その他の統計、(c)本サービスにおけるベータ版機能の存在およびそれに関する情報、ならびに(d)Google により提供されるその他の情報であって、機密であると指定されるか、それが提示される状況において通常機密とみなされるものが含まれます

出典「Google AdSense – 利用規約

まあ、要するに、Googleのソフトウェア(Google Analytics)を使って

「○○PVあると○○円稼げたよ!証拠はスクショ見てね!

みたいなことをすると、「ちょ、それGoogleの機密情報だからやめてケロ」となってBANされたわけですね。

この辺は、実際のやり取りを見た方が実感がわくかもしれません。

参考

Naifix|なぜあなたのブログのGoogle AdSenseは広告配信停止になったのか

ポジ熊の人生記|Adsense警告を受けないために実例で学ぶ【ポリシー違反】

もう、共働きやめます。|2015夏。アドセンス停止されました。今回のアドセンス祭りの気になるポイントと対策例。

ちなみに、Google Analyticsのスクリーンショットを貼らない場合には、BANされないということで、スクショは貼らずにPV数だけ書いている場合もありますが、どうなんでしょうね~(わからないので私はしてません)。

4.ポイントサイトへの誘導

画像出典:ハピタス公式サイト

ハピタス、げん玉、モッピー、ちょびリッチ、ポイントインカムなど、「ポイントサイト(お小遣いサイト)」と呼ばれるこれらは、Google AdSenseと一緒にしてはいけません。

混ぜるな危険です。

コンテンツ ガイドライン

サイト運営者様は、コンテンツ ガイドラインに違反するコンテンツがあるページで AdSense コードを使うことはできません。

広告の表示や検索に対してユーザーに報酬を提供すること、また第三者のそのような行為に対して報酬の提供を約束すること。

出典「AdSense プログラムポリシー

これがポイントサイトへの誘導で引っかかります。

なお、ポイントサイトについてもっと知りたい方は次の記事も参考になりますよ(このブログはGoogle AdSenseを貼っていないので、よろしければ登録してください(笑))。

関連記事>>>サーバー代やドメイン費用を節約する自己アフィリエイトとポイントサイトの違い

終わりに

まだほかにもあるんですが、たくさんあってもわけが分からないと思うので、この4つは最低限、守ってください。

このブログがメインにしている「趣味ブログ」は、Google AdSenseが重要な収益源です。

1度は必ず、公式の「AdSense プログラムポリシー」を読んでみましょう。

よくわからないという方は、こちらの各記事でも規約違反例がわかりやすく紹介されているので、読んでみてください。

参考

Satoshi’s Garage|Google アドセンス広告で収益をあげたいならまず規約をチェック!

Naifix|なぜあなたのブログのGoogle AdSenseは広告配信停止になったのか

ポジ熊の人生記|Adsense警告を受けないために実例で学ぶ【ポリシー違反】

もう、共働きやめます。|2015夏。アドセンス停止されました。今回のアドセンス祭りの気になるポイントと対策例。

ちなみに私は5年間、一度もGoogle AdSenseが飛んだことはありません( ˘ω˘ )

カテゴリー>>>「ブログ初心者講座」で他の記事を読む。

【追伸】

Google AdSenseで稼ぎたいという方は、NaifixのElloraさんが紹介している次の記事が必読ですよ!

参考 Naifix

ブログとアドセンスで稼いでみたいあなたへ贈る10のアドバイス